そうべえときじむなー そうべえときじむなー そうべえときじむなーの試し読みができます!
作: 田島 征彦  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「じごくのそうべえ」シリーズ、7年ぶりの新刊!今度は琉球へ
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
紙芝居 くろずみ小太郎旅日記 おろち退治の巻
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 くろずみ小太郎旅日記 おろち退治の巻

作・絵: 飯野 和好
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「紙芝居 くろずみ小太郎旅日記 おろち退治の巻」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2004年11月
ISBN: 9784591082584

2歳〜5歳
サイズ :29cm x 38.5cm ページ数 :14ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

むかしむかし、忍術をならったひとりの若者、くろずみ小太郎が各地を旅をしておりました。峠についた小太郎があやしい気配を感じると、そこにはとんでもなく大きなおろちが・・・。絶体絶命のピンチに、小太郎の得意な忍術がさえる!

<この紙芝居は、同名の絵本(1997年3月・クレヨンハウス刊)を新たに紙芝居化したものです>

ベストレビュー

鳴り物を加えて効果をあげましょう

くろずみ小太郎が巨大なおろちを退治するお話です。
お話としては、あまりセリフもなくシンプルなお話なのですが、演じるための諸注意が多いので、ちょっと困りました。
おどろおどろしい雰囲気を出すためには太鼓が必要、小太郎になりきって演技も必要。
確かに、メリハリをつけても読むだけでは、あっさりしすぎかもしれません。
行間を読めという注文にどのように応えましょうか。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


飯野 和好さんのその他の作品

スサノオ 日本の神話 / めしくわぬにょうぼう / 灰屋灰次郎 灰はございー / はやくちことばで おでんもおんせん / ねぎぼうずのあさたろう その10 ゆきはこんこんわたりどり / 日小見不思議草紙



『はなびのひ』たしろちさとさんインタビュー

紙芝居 くろずみ小太郎旅日記 おろち退治の巻

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット