キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
紙芝居 てぶくろをかいに
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 てぶくろをかいに

絵: 二俣 英五郎
脚本: 堀尾 青史
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1994年05月
ISBN: 9784494077779

3歳〜小学校3・4年生
B4判・26.5×38.2cm・12場面

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

寒い冬、子ぎつねは母ぎつねに手ぶくろがほしいとせがみます。
すると母ぎつねが手をもんでくれ、片方だけ人間の手に…。

ベストレビュー

親子でとても大好きなお話

5歳の娘が図書館から借りてきました。

私も大好きなお話で、娘も保育園で読んだことがあるようで
とっても気にいっているとのこと。
親子で大好きなお話を一緒に読めてとても幸せでした。

おじいさんがきつねの子どもの手を見てびっくりしたシーンなんかは、
はっと息を呑んでいた娘。

あぁなんど読んでもやっぱりいいなぁと思いました。

私が覚えているのは、
「人間ってちっとも、こわくなかったよ」という
きつねの男の子のセリフがあったような気がしましたが、
この紙芝居にはそれがなくて、文章も何パターンかあるのかな?

娘は読み終わった後に自分の手をさすりまくって、
きつねの子供の手にかえようとしていました。

逆バージョンでお話を考えてみても、また面白いですね。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子9歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


堀尾 青史さんのその他の作品

紙芝居 きんいろのさかな / 紙芝居 やぎじいさんのバイオリン / 大型紙しばい こねこのしろちゃん / 紙芝居 のばら / 大型紙しばい あひるのおうさま / 紙芝居 どんぐりとやまねこ

二俣 英五郎さんのその他の作品

ねこの商売 / きつねのおはなはん / 吉四六さん / くらやみえんのたんけん / 子ども寄席 春・夏 / 子ども寄席 秋・冬



なかやみわさん×絵本ナビ代表・金柿秀幸 対談インタビュー

紙芝居 てぶくろをかいに

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット