話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
ササフラス・スプリングスの七不思議

ササフラス・スプリングスの七不思議

作: ベティ・G・バーニー
訳: 清水 奈緒子
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年05月
ISBN: 9784566013766

A5変型・240ページ

出版社からの紹介

世界の七不思議に憧れ、海外探検を夢みる少年エベンは、
父親の発案で、自分が住むちっぽけな町ササフラス・スプリングスの七不思議を
探すことになった。「ばかばかしい」と思いつつも、いざ、捜索を開始してみると…。

ベストレビュー

身近にある興味深いもの

世界の七不思議に憧れる少年エベン。
自分の住んでいる町ササフラス・スプリングスで七つの不思議を発見できたら、コロラド行きの切符を買ってくれると父に言われ、町の人を訪ね歩きます。

子供の頃はやたらスケールの大きいもの、なかなか間近に見ることのできないものに憧れますよね。
でも、よーく周りを観察すると、身近に興味深いものがあったりするもの。
そんなことを気付かせてくれる物語です。
普段目にするものに、好奇心を持つきっかけになりそうです。

様々な不思議な出来事がテンポよく現れるので、読みやすいです。
中でも、気に入ったのは<ピービィ町長のお話>
人って変われるんだなぁ、としみじみ。
この不思議を聞いたエベンも、しっかりと町長の話を受け止め、ちょっと成長した姿を見せてくれるのがまたうれしいです。
(こりえ♪さん 30代・ママ 女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ひとは なくもの
    ひとは なくものの試し読みができます!
    ひとは なくもの
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    「泣く子はきらい」ってお母さんは言うけれど、一つ一つの涙にはちゃんと理由があるんだよ!心うたれる絵本

清水 奈緒子さんのその他の作品

ぼくはことり / かえるくんはかえるくん 改訂版 / かえるくんどうしたの 改訂版 / はたけしごとにとりかかろう / かえるくんは かなしい / ポプラポケット文庫 クリスマス・キャロル


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学小説 > ササフラス・スプリングスの七不思議

「絵本 チコちゃんに叱られる」シリーズ チコちゃんの「エピソード:ゼロ」のおはなし

ササフラス・スプリングスの七不思議

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット