季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり
夏から夏へ

夏から夏へ

作: 佐藤 多佳子
出版社: 集英社 集英社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2008年07月
ISBN: 9784087813906

四六判 312ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

日本代表リレーチーム、メダルへの熱き挑戦!
『一瞬の風になれ』で本屋大賞を受賞した著者が、2007年の世界陸上から日本陸上選手権大会までを日本代表チームに取材し、世界に挑む日本のトップアスリートたちの熱き闘いを描いたノンフィクション。

ベストレビュー

風になったアスリートたち

100メートルを4人の走者がバトンでつなぐ4継。
100メートルに自分の生き方を凝縮させるアスリートが個人種目ではなく、バトンをつないでいく団体競技。
トラックで行われる究極の駅伝。
その日本代表の4人プラス1人にスポットを当てたノンフィクションです。
ノンフィクションでありながら、とてもドラマチックな仕立てです。
長距離を走る駅伝には、精神的な葛藤だとか心の動きがつきものですが、わずか10秒足らずの精神力集中の中に、走者はいろいろな思いを込めるのですね。
それぞれにあこがれだったアスリートの内面に食い込んだ話。
レースを文章で再現させる凄さ。
個人の生い立ちまでを描き切って、とてもさわやかに読み終えることができました。
小中学生から青少年まで陸上競技場は晴れ晴れしい舞台だと感じます。
佐藤多佳子さんの目は優しく、鋭く、人間性にあふれています。
みずみずしい青少年ノンフィクション。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


佐藤 多佳子さんのその他の作品

シロガラス(5) 青い目のふたご / シロガラス(4) お神楽の夜へ / シロガラス(3) ただいま稽古中 / シロガラス(2) めざめ / シロガラス(1) パワー・ストーン / 聖夜



出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

夏から夏へ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット