宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
カラフル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

カラフル

作: 森 絵都

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「カラフル」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年07月
ISBN: 9784652071632

小学校中学年〜中学生

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

一度死んだハズの“ぼく”はもう一度下界生活をやり直すハメに。シリアスなテーマを軽やかに描いたハートウォーミング・コメディ。

ベストレビュー

自分を見つめ直す

児童文学といって良いのかどうか判らないのですが、絵本ナビで森絵都さんの作品と知り合って手に取った一冊。
中高生に薦めたい一冊には間違いありません。

死んだ中三の小林真の体に入り込んだ、同じく選ばれた死者の魂としての僕。
真が何故死んだのか、真はどういう人間だったのか、第三者としての僕はそれを探りながら、自分としてどのような生き方をしたいのか、どのように考えれば良いのかを、自分に問いかけ、行動していきます。

すると、いろいろなものが見えてくる。
真は死ななくて良かったのではないかと思えてくる。
生き返ったら、こんな生き方をすれば良いのにと思えてくる。
実は自分が小林真の魂だったというのは話し過ぎかもしれませんが、この小説に描かれている自己回帰は、中高生が自分を見直すためにもとても良い本だと思うのであえて公開。

この本を読んで、自分を見直すきっかけになったら、自殺を思いとどまっることができたら、森絵都さんのいう『ぼくだけのこと』の思想が幼児からヤングアダルトまでに拡がるのではないかと思いました。

死を題材にしていながら、軽妙なストーリー展開と、生きること、自分を認めることへの強いメッセージ性は素晴らしいと思います。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


森 絵都さんのその他の作品

角川文庫 クマのプ― / クマのプー 世界一のクマのお話 / オムライスのたまご / 希望の牧場 / クラスメイツ (前期) / クラスメイツ (後期)



>絵本エイド ―こころにひかりを―

カラフル

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 1
  • 大人 8

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット