へっこ ぷっと たれた へっこ ぷっと たれた
構成・文: こが ようこ 絵: 降矢 なな  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
読めば自然とリズムがうまれる!わらべうたをもとにしたあかちゃん絵本
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ハンナのかばん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ハンナのかばん

  • 児童書
作: カレン・レビン
訳: 石岡史子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ハンナのかばん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2002年07月
ISBN: 9784591073094

高学年
サイズ :22cm x 15.5cm
ページ数 :183ページ

出版社からの紹介

第二次世界大戦中、アウシュビッツのガス室で13年の生涯をおえた少女。彼女が残したスーツケースに偶然出会った日本人女性が、少女を探す旅に出ます――。

ベストレビュー

ハンナ13歳

アウシュビッツで殺された13歳のハンナ。
日本に送られた遺品の旅行鞄から、ハンナの生き方をさがす旅が始まります。
日本のホロコースト教育資料センターの石岡史子所長の執念が、いろいろな事実を探り出します。
ドキュメンタリーとしての文章の息の詰まる展開。
家族皆がアウシュビッツに送られ、記録もはっきり残されていない…。
そんな状況だから、表紙を飾る写真も、途中に挟み込まれた写真も、なんとなくイメージ画像のように思っていたら…。
最後に、感動的な展開がありました。
写真は本物だったのです。
旅の果てに巡り合えたハンナのお兄さん。
ハンナの家族の悲劇と、ナチスの非情なユダヤ人迫害政策に衝撃を受けていただけに、残された光を見ました。
あまりにあどけない13歳の少女は、有無を言わせず命を奪われました。
言いようのない怒りを、二度と繰り返してはいけないことを心に念じて、ハンナの写真に哀悼を尽くしたいと思いました。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

カレン・レビンさんのその他の作品

コミック版 ハンナのかばん / ポプラポケット文庫 ハンナのかばん

石岡史子さんのその他の作品

アンネのこと、すべて / エーディト、ここなら安全よ / なぜ、おきたのか?



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

ハンナのかばん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット