宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
いとしの犬ハチ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いとしの犬ハチ

  • 絵本
作・絵: いもと ようこ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年07月
ISBN: 9784061324077

B4

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

世代をこえて伝えていきたい「ハチ公」のおはなし。
感動の実話があたたかい絵で絵本になりました。

今日こそ帰ってくると信じて、雨の日も雪の日も、駅で先生を待ちつづけた秋田犬、ハチ。
いもとようこのあたたかい絵とともに、世代をこえて伝えたい感動の実話です。

いとしの犬ハチ

ベストレビュー

深い愛情

「ハチ公」のお話は聞いたことはありますが、絵本で読むのは初めてです。
結末が分かっていても、後半の待ち続けるハチに涙がこみあげてきました。
忠犬と呼ばれるだけあって、その忠実さが印象的なお話ですが、
そこにはしっかりと深い愛情があることが、とてもよく伝わってきます。

いもとようこさんの描く動物は優しさに溢れていて、見ているととても温かい気持ちになります。

我が家の一員としても犬がいます。
今もレビューを書いている私の足にピッタリ寄り添って寝ています。
犬の温かさに触れる幸せを改めて感じました。
(こりえ♪さん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

いもと ようこさんのその他の作品

ねこの結婚式 / ごめんなさい! / だれも知らない時間 / ほたると ばらの花 / できるかな? かぞえてみよう 1・2・3 / できるかな? どうぶつ いえるかな



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット