虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
タケえさん 30代・ママ

虫が鮮明に!
虫の拡大写真です。 私も息子も虫が大…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
おばけのアッチねんねんねんね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おばけのアッチねんねんねんね

  • 児童書
作: 角野 栄子
絵: 佐々木 洋子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 1981年11月
ISBN: 9784591010884

小学校低学年〜
22cm x 15.5cm 80ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

きょうはたのしいクリスマス。おばけのアッチは、サンタクロースのおじさんのために、おいしいごちそうをいっぱいつくりました。

ベストレビュー

寂しい人の、クリスマス対策

小さなおばけシリーズ7作目。
クリスマスになると、身寄りのないおばけは寂しくなってしまう。友人・知人・職場の人も、みんな家族と一緒に楽しく過ごすといって、誰もアッチを相手にしてくれない。寒さと寂しさが身に染みる12月だ。
そんな中、アッチはサンタクロースと一緒に楽しく過ごすことを思いつく。おもてなしのお料理を作り、準備万端で夜中まで待っていたのだが…

みんなは誰かと一緒に過ごす予定でも、身寄りのない人は悲しいだけの年末年始。一人暮らしの淋しさを上手に描いていて、身につまされる。どうにもならない問題を、どうにかしようとアイデアを振り絞るアッチの健気さ。寂しがり屋の人が、必死になって自分を覚えてもらおうとする努力がいじらしい。
…とはいえ、現実には、寂しいからって誰これ構わず相手になってもらおうと必死に、しつこく付きまとわれたら、はっきり言って迷惑…
サンタクロースも「仕事中」で、大丈夫かしら…と、夢も希望もない想像をしていたが、やはりアッチの世界は、優しかった。
最終的にはハッピーエンドになり、「年末の淋しい問題」も解決してよかった。自分から問題を解決しようと努力する人は、きっと助かるのだ、という明るい希望が持てる作品。
ただ、寂しいって言っているだけじゃ、ダメなのね。

おばけなのに夜寝ているなんて…ツッコミどころ満載。普通のおばけじゃないところに、魅力があるお話。
(渡辺諦さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


角野 栄子さんのその他の作品

ねこになっちゃった 角野栄子のアコちゃん絵本 / おばけのアッチ おもっちでおめでとう / かがみとチコリ / 「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出 / ちびねこチョビ / 境い目なしの世界

佐々木 洋子さんのその他の作品

アッチとドッチのフルーツポンチ / おばけのアッチ スパゲッティ・ノックダウン! / おばけのソッチ ぞびぞびオーディション / おばけのアッチとくものパンやさん / おばけのアッチ ドララちゃんとドララちゃん / 角野栄子の小さなおばけシリーズ(特選12巻セット)


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > おばけのアッチねんねんねんね

西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

おばけのアッチねんねんねんね

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット