新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
みさき
  • ちょっとためしよみ

みさき

  • 絵本
作: 内田 麟太郎
絵: 沢田 としき
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年07月
ISBN: 9784333023868

5歳から
23×25cm・32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

少年は待っていた、夏の道で。来た、汽船だ。岬へと走り出す。激しい雨が降り出した。汽船が行ってしまう、早く!その時、少年の足元に…。光と草いきれと熱気が体を包みこむ、匂い立つような夏をダイナミックに描きます。

画家の沢田としきさんは、この絵本を描くために、各地に取材に行き、5年がかりで完成しました。
(佼成出版社HP「編集者から」より)

ベストレビュー

何のために走るのだろう

いろいろに読みとれる絵本だと思います。
海を航行する汽船を見たくて走る少年は、汽笛が聞こえたから走るのでしょうか。
誰かが去っていくから走るのでしょうか。
夏の空、突然の雨、おいしげる草の原、そして無人のバス停…。
象徴的なシーンの説明はなく、解釈は読者に委ねられます。
落ちていた怪獣のぬいぐるみも何かを意味しているようです。
少年は間に合わなかったけれど、余韻たっぷりで、心がざわざわしてきました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


内田 麟太郎さんのその他の作品

紙芝居 よわむしさんぺい おばけたいじ / へんかしら そうかしら / なまこのぽんぽん / たまたま たまご / 大どろぼう ジャム・パン すてねこマリリン / 紙芝居 おれがいちばん かけあしオオカミ

沢田 としきさんのその他の作品

しょうがつが くると / どうしてアフリカ?どうして図書館? / エンザロ村のかまど / ひとでの たいそう / あくびで ねんね / ビーバー族のしるし



【連載】第5回「怪奇漢方桃印」シリーズ 桃さんインタビュー

みさき

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.07

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 2人

じいじ・ばあばの声一覧へ

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット