新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

絵の中のぼくの村
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

絵の中のぼくの村

  • 絵本
作・絵: 田島 征三
出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,262 +税

「絵の中のぼくの村」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1992年08月
ISBN: 9784875767312

高校生から一般
たて19.5cm×よこ13.5cm 四六判 148ページ

出版社からの紹介

著者の少年時代の想い出と絵のふるさとを生き生きと描く一冊。

ベストレビュー

田島兄弟の原風景

田島征三、田島征彦の絵本が好きな人には必読書のようなお薦め本です。
双子の弟の征三さんが少年時代を過ごした四国の生活を語っているのですが、征三さんの絵本の原風景を見ることができます。
劣等生で悪ガキで、虐げられた生活の中で野性的に過ごした田園風景。
誇張されているところは差し引くとしても、野山で過ごした信じられないような生活が、征三さんの絵本で活かされていることを知りました。
兄でありながら弟に主導権を取られていた形の征彦さん。
後書きで登場していますが、この話が二人に共通した原風景なのだと感じました。
人の苦労話を娯楽的に読んではいけないのかもしれませんが、とにかく読んでいてハラハラドキドキ、楽しめます。
二人は本当に仲が良くて、いつも一緒だったのですね。
文中に挿絵や写真が出てきます。
写真に写った兄弟は、征三さんをしてどちらが自分か解らないとのことです。
表紙となった絵は印象的。
原風景の中でお母さんの存在感が、風景と同化して描かれています。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


田島 征三さんのその他の作品

つかまえた / うりの つる くるくる / かぜがふくふく / ヒミツのかいだん / ちきゅうがわれた!  / わたしの森に



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

絵の中のぼくの村

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット