宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
どんぐりもりのおきゃくさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どんぐりもりのおきゃくさん

  • 絵本
作: 香山 美子
写真: 飯村 茂樹 ほか
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「どんぐりもりのおきゃくさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年08月
ISBN: 9784893253804

頁数:28ページ
サイズ:21×24cm

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

秋、どんぐりの森では、木々が無数のどんぐりを落としました。
その実を求めてやってくるサルやリス、ネズミ、鳥などの動物たち。
森は動物たちの命をはぐくんでいるのです。そして、食べずに残ったどんぐりは、
やがて芽を出し、大きな木へと成長していきます。
こうした森での営みを美しく鮮明な写真で紹介。
文章は「どうぞのいす」や「ヒッコリーのきのみ」でおなじみの作家、香山美子。
詩情豊かに語りかける文章が、豊かな森の中へといざないます。

ベストレビュー

いろいろな動物

写真絵本です。
どんぐりを食べるいろいろな動物たちが出てきますよ。
こどもは、「りす!」等出てくる動物に反応しながら聞いていました。
どんぐりを食べはしませんが、拾うのが大好きなこどもだからか、楽しかったようで、一度読んだあと「もう一回!」が出ました。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子5歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


香山 美子さんのその他の作品

このゆび とーまれ / もういいよったらもういいよ / おはなしゆびさん / 紙芝居 ぼくってだれ? / コロンブス / 大きな大きな絵本 ろばさんの かわいい バッグ(チャイルド本社刊)

飯村 茂樹さんのその他の作品

でっかいぞアメリカザリガニ / ふしぎコレクション (6) 時間のコレクション / 3さいからのずかん ちいさないきもの / ぼくはざりがに / ちいさないきものびっくり!

ほかさんのその他の作品

たべたらうんち! / 4さいの世界と日本の昔ばなし / 3さいの世界と日本の昔ばなし / 講談社文庫 100万分の1回のねこ / 10才からはじめるゲームプログラミング図鑑 / スター・ウォーズ フォースの覚醒



>絵本エイド ―こころにひかりを―

どんぐりもりのおきゃくさん

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット