季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
わるくちのすきな女の子

わるくちのすきな女の子

作: 安房 直子
絵: 林 静一
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「わるくちのすきな女の子」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2000年07月
ISBN: 9784591065273

ベストレビュー

いじわるな女の子

病気で休み早く寝てしまった息子が夜中に「寝られない」と言うので30分ほど読んだ本です。

途中で切ってしまうことができず最後まで一気に読みました。続きが気になったからです。

女の子が、魔法使いに悪口を言ってしまい鳥に変えられてしまいます。

「星のおはじき」(「夢の果て」収録)はいじめられた方の立場の女の子。こちらのお話は、いじめっ子側の女の子です。

女の子はきれいで頭もいいのに悪口を言ってしまうのです。

たとえば

「わたし、ひとのしあわせを見ると、いらいらするの……」

かめに対しては

「そんなきたない声のひとは、えいきゅうにだまっていてほしいわ。だまって、ひとのめいわくにならないように、息をひそめて生きてほしいわ」と。かなり辛口な発言。

女の子はかめから

「だれの胸の中にも、かまどがあるんだよ。でもね、それがよく燃えているひとと、あまり燃えていないひとがある。あんたの胸

のなかのかまどは、ゴーゴー音をたててまっ赤に燃えてるよ」と心の中を言い当てられます。この表現が子どもにもよくわかる表現だと思いました。

女の子が悪口を言わないようにするにはどうしたのでしょう?元の女の子に戻れたのでしょうか?

昔話風な展開の中に、いじわるをする女の子の心理・現代的な問題も盛り込まれていて惹き付けられました。

安房さんの描く女の子、どちらかというと優しい、かよわい女の子の作品が多いように感じていたのですが、このような作品も書いていたことに驚きました。

林静一さんの一部分影絵のような絵もとてもよくマッチしていると思いました。


(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

出版社おすすめ


安房 直子さんのその他の作品

きつねの窓 / きつね山の赤い花 / つるの家 / まほうのあめだま / さんしょっ子 / いもとようこの安房直子名作絵本 (全4巻)

林 静一さんのその他の作品

初恋ぬりえ 小梅ちゃんの世界 / てのひら島はどこにある / マッチうりのしょうじょ / かえるのアパート / ぼくの・稲荷山戦記 / おるすにしつれいいたします


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > わるくちのすきな女の子

1月の新刊&オススメ絵本情報

わるくちのすきな女の子

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット