話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

小さな生きものたちの不思議なくらし

小さな生きものたちの不思議なくらし

  • 絵本
作: 甲斐 信枝
出版社: 福音館書店

本体価格: ¥1,400 +税

「小さな生きものたちの不思議なくらし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年09月
ISBN: 9784834024678

22X16cm・160ページ

出版社からの紹介

40年にわたって自然と向き合い、身近な植物や虫たちの不思議なくらしを描きつづけてきた画家、甲斐信枝の世界を
精緻な文章に美しい絵をそえて一冊にまとめたエッセイ集。

ベストレビュー

甲斐さんの作品の背景

息子に絵本を読み始めて科学絵本も読むようになり、雑草など植物に関わる絵本は二年の観察を経て作られているというようなことを知りました。

この甲斐さんの本によると五年をかけて作られた作品もあるようです。

堀内誠一さんの『パリからの手紙』を読んだ時に、甲斐伸枝の『ひがんばな』は念がこもっていると評されているのを読み、元々興味があった甲斐さんの作品を読みたくなったと同時に、作品の背景も知りたくなりました。

「絵本の作り手として私が大切にしているのは『対象物への興味と愛情から発して対象に近づき、そのものから受けた驚きや感動を、絵と言葉によってお子さんに伝える」ことです。」

という甲斐さんの言葉はとても納得できました。と同時にこのことって、子育てにも通じることだなあと思いました。

対象となった植物や虫たちに向ける優しく暖かいまなざしあっての作品。

私たちはこのように植物の瞬間をとらえることはなかなかできませんが、作品を通じて、小さな命の瞬間や生命力に触れることができるのはとも幸せなことだと思います。

甲斐さんの絵本と共に作品の背景を知りたくなった時にお薦めの一冊です。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

甲斐 信枝さんのその他の作品

ちいさなかえるくん / きゃべつばたけのぴょこり / のげしとおひさま / 稲と日本人 / のえんどうと 100にんのこどもたち / きゃべつばたけのいちにち


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 日本文学、評論、随筆、その他 > 小さな生きものたちの不思議なくらし

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

小さな生きものたちの不思議なくらし

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット