話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 全ページ
かしこいモリー

かしこいモリー

作: ウォルター・デ・ラ・メア
絵: エロール・ル・カイン
訳: 中川 千尋
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「かしこいモリー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年10月
ISBN: 9784593505142

4・5歳から
185×245mm・32ページ

出版社からの紹介

モリーはふたりの姉と森で道にまよい、人食い大男の家にたどりつきました。あやうく食べられそうになりましたが、
知恵をしぼって逃げだします。ところが、おしろに住む王さまの頼みでまた大男の家にしのびこむことに……。
イギリスにつたわる昔話を、20世紀英国を代表する作家ウォルター・デ・ラ・メアが再話し、イメージの魔術師
エロール・ル・カインが華麗な絵をつけました。

ベストレビュー

ジャックと豆の木みたい

読み終えた後、小1の息子が
「ジャックと豆の木みたい」と言っていました。
大男が出てきたり、
細い橋を渡ったりするところから
連想したのかもしれません。

人食いの大男は懲らしめられても仕方ないような気もしますが、
かくまってくれた奥さんや子どもたちにも
身代わりにするモリーのやり方は賢いというのか、
ずる賢いのでは?、
また、王さまの要求もただの泥棒で
人食いの大男をやっつけるわけでもないし、
そこらへんが昔話らしい突っこみどころ満載で
少し気になりました。
(まことあつさん 30代・ママ 男の子7歳、男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ウォルター・デ・ラ・メアさんのその他の作品

おぼろ月のおさんぽ 「銀色」 / なんでもない なつの日 「夏の夕ぐれ」 / ホワイトクリスマス 「雪」 / ハロウィーンの星めぐり 「夜に飛ぶものたち」 / 岩波少年文庫 旧約聖書物語 下 / 岩波少年文庫 旧約聖書物語 上

エロール・ル・カインさんのその他の作品

こまったこまったサンタクロース[新版] / 三つのまほうのおくりもの / グリム童話 いばらひめ 新版 / グリム童話 おどる12人のおひめさま 新版 / イメージの魔術師 エロール・ル・カイン(改訂新版) / アルフィとくらやみ

中川 千尋さんのその他の作品

こころの おと / チョコレート屋のねこ / ハロウィーンのまじょティリー / のんきなりゅう / 魔女のこねこゴブリーノ / 白猫


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > かしこいモリー

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

かしこいモリー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット