話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
あなたがだいすき

あなたがだいすき(ポプラ社)

大切な人を想う気持ちが、あたたかいイラストと優しい文章で伝わる絵本。愛すること、愛されることの素晴らしさを感じます。

  • ためしよみ
宮沢賢治の絵本 月夜のでんしんばしら

宮沢賢治の絵本 月夜のでんしんばしら

  • 絵本
作: 宮沢 賢治
絵: 竹内 通雅
出版社: 三起商行(ミキハウス)

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

絵本ナビ在庫 残り5

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年10月
ISBN: 9784895881210

6歳から

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!座談会


「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!座談会


宮沢賢治の絵本アワード2015


【結果発表】宮沢賢治絵本シリーズ レビュー大募集!


編集者松田素子さんインタビュー

出版社からの紹介

ドッテテドッテテ、ドッテテド ドッテテドッテテ、ドッテテド でんしんばしらが歩きだす。黄色い顔の電気総長がやってくる。恭一が遭遇した奇妙きてれつ不思議な夜---。宮沢賢治の生前に唯一出版された童話集「注文の多い料理店」に収録の、「鉄道線路で虹や月光からもらってきた」珠玉の一篇を、竹内通雅が力強く描く絵本。

「宮沢賢治の絵本」シリーズ

【著者プロフィール】 竹内 通雅 1957年長野県生まれ。創形美術学校版画科卒。雑誌「イラストレーション」のコンペで、1986年「ザ・チョイス年度賞」大賞受賞。39歳でイラストレーターから絵本作家に転向。主な絵本に、「かぼちゃに したら・・・」(講談社)「森のアパート」(ビリケン出版)「だめだめ、おさるのサルサ」(教育画劇)「どんどん しっぽ」(あかね書房)「おたねさん」(農文協)「きみのともだち」(岩崎書店)など多数。

宮沢賢治の絵本 月夜のでんしんばしら

ベストレビュー

迫力!!

4歳の息子と読みました。

直感的な絵本。
夜なのに鮮やかな色彩でダイナミックに描かれた、電信柱が羅列されたイラストは、
迫力があり印象的。
恭一の黒目の描写がちょっと不気味で、物語の雰囲気がよく表れています。
リアルすぎない描き方が読み手へ余白を残します。
宮沢賢治の「ドッテテ〜」などの言葉のリズム、不思議で独特でちょっと怖いストーリーと、
絵がとてもよくマッチしています。
読み手の想像力がかきたてられ、頭の中にその迫力のある光景が再現され、音まで聞こえてくるよう。

昔の言葉が多く、息子には内容が難しいかなと思ったのですが、
そんな心配は杞憂でした。
「わからない言葉があっても、ママに説明してもらうから大丈夫」と言って、息子は集中して聞き入って絵に見入っていました。
身体でいろいろ感じていたようです。
「ちょっと怖かったけれど…すごかった」と言っていました。
電信柱の表情もおもしろかったようです。
電気のないころにも話が広がり、彼にとって当たり前のものがなかった時代を考えることもできました。

彼の興味は図鑑的な絵本に多いですが、
実物をリアルに描いたものだけでなく、
このような身体で感じる絵本も読んで、相続力を膨らませ、感受性豊かに育って行ってほしいと感じました。
(トゥリーハウスさん 40代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…

宮沢 賢治さんのその他の作品

ポラーノの広場 / 鳥箱先生とフゥねずみ / 春と修羅 / 雨ニモマケズ / 十力の金剛石 / 注文の多い料理店

竹内 通雅さんのその他の作品

ふたごだよ / ながぐつをはいたねこ / あいたくなっちまったよ / へんてこレストラン / ぶきゃぶきゃぶー / ぐるぐるぐるぽん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > 宮沢賢治の絵本 月夜のでんしんばしら

石川宏千花さん、書店員・兼森理恵さん 対談インタビュー

宮沢賢治の絵本 月夜のでんしんばしら

みんなの声(38人)

絵本の評価(4.36

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット