すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
絵本ナビ限定・ももんちゃんタオルも販売♪ 『だいすき!ももんちゃんフェア』開催中です♪
こねこ9ひきぐーぐーぐー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こねこ9ひきぐーぐーぐー

作・絵: マイケル・グレイニエツ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2009年10月
ISBN: 9784591111673

2歳〜5歳
23cm x 23cm・27ページ

出版社からの紹介

9ひきのこねこが順々に目をさまし・・・みんなどこにいったのかな? 
かわいいこねこをかぞえながら、楽しく数を学べる絵本。うれしい英訳つき。

ベストレビュー

数の絵本

マイケル・グレイニエツは「お月さまってどんなあじ?」「フィアボ」「だれがいちばん はやいかな」と、とても気にいった作品が多いので読んでみました。

お話は、9匹いる眠っているこねこのうち、一匹が目が覚めるところからはじまります。
すると、次の頁では、8匹の眠っているこねこだけが現れます。

それが次から次へと続いていって、しまいにはこねこがいなくなってしまいます。
エンディングは、成る程と納得できるもの。

単純なストーリーなのですが、数に興味を持ち始めた頃に読み聞かせしてあげると良い作品です。
こねこの色合いもきっちりと分かれていて、理解しやすいと思います。
一番下に英文があるのも、良いのではないでしょうか?
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マイケル・グレイニエツさんのその他の作品

こざる 10ぴき がんばる! / フィアボ / いのちのいろえんぴつ / おとぞうさん / だれかさんの目 / だれかいるの?



『しりとりしましょ!巻物えほんキット』<br>さいとうしのぶさん インタビュー<br>

こねこ9ひきぐーぐーぐー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?

パパの声 1人

パパの声一覧へ

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット