宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
まいごになった子ひつじ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まいごになった子ひつじ

作: ゴールデン・マクドナルド
絵: レナード・ワイスガード
訳: あんどうのりこ
出版社: 長崎出版

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「まいごになった子ひつじ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • 無料ラッピングキャンペーン実施中!!

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年10月
ISBN: 9784860953614

B5判変形・上製・40頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

少年が番をしているのは羊の群。
その群れの中に1匹だけいる黒い子羊は、いつも自由気ままに群からはなれていってしまいます。そしてある日のこと、
少年や牧羊犬がちょっと目を離したすきに、とうとうこの黒い羊はどこかに行ってしまいました。心配で夜も眠れない
少年は、ついによるの山に子羊を探しに行く決心をしました。果たしてまいごの子羊は見つかるのでしょうか?
1946年コルデコット賞銀賞作品。

ベストレビュー

はらはら我が子よ

静かに泣けました。
安心して泣きました。
羊飼いの、我が子を思う気持ちに似た感情がたまらなかったです。
母ひつじ心そっちのけで、冒険心いっぱいに遊ぶ子羊。
可愛らしさを振りまく無邪気さに‘あぶないわ!’って何度呼びかけた
ことでしょう。
虎視眈々と獲物を待つピューマの危険を我が子への心配に置き換えて。
写実的な絵が、迫り来る恐怖に一層緊迫感を与えています。

おーい、風さん、お願いよ。
どうぞいつもさわやかに吹いて下さいね
(クマトラさん 40代・ママ 男の子6歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ゴールデン・マクドナルドさんのその他の作品

きかんしゃが とおるよ / こわがらなくて いいんだよ / ちいさな島

レナード・ワイスガードさんのその他の作品

うさぎたちとふしぎなこうじょう / ザトウクジラ / コウテイペンギン / ちいさなうさぎのものがたり / パンタロンとケーキやさん / どうぶつたちのクリスマスツリー

あんどうのりこさんのその他の作品

ねことテルと王女さま / コヨーテのおはなし / 雪の日のたんじょう日 / 3びきのこいぬ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

まいごになった子ひつじ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット