もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
ワニぼうのこいのぼり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ワニぼうのこいのぼり

  • 絵本
作: 内田 麟太郎
絵: 高畠 純
出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィークも配送実施
月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年04月
ISBN: 9784894233263

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ワニぼうのために、お父さんがこいのぼりを買ってきました。気持ちよく泳ぐ、こいのぼりを見ているうちにお父さんは・・・。

ベストレビュー

ここで終わらないのが、このシリーズ

 “ワニぼう”シリーズは、ほのぼのクスリとする楽しい作品ばかり。

 季節柄今回はこの作品をお薦めします。

 ワニぼうのためにお父さんが、鯉のぼりを買って来てくれました。
 それも真鯉だけ。
 一匹上がった真鯉を眺め、「いいねえ」とお父さん。
 「でも、ちょっと さびしいわ」のお母さんの一言で、お父さんは緋鯉と子どもの鯉も買ってきて上げます。

 春風を大きな口で吸い込み泳ぐ、鯉のぼりを見つめ「きもちよさそうだなあ」というお父さん。
 と、次ページで大笑い。
 お父さんの突飛な行動。
 それにのっかるお母さんとワニぼう。
 ワニのぼりなんて、なんとも愉快な眺めです。

 ここで終わらないのが、このシリーズ。
 さらに次ページで町の空に泳ぐ、ネコのぼり・イヌのぼり。
 さらにさらに、“○○のぼり”のオンパレード。
 小さい読者さんも、「 あれ〜〜〜、おかし〜い」って大笑いしてしまいそうです。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


内田 麟太郎さんのその他の作品

とりづくし / とろ とっと  / 大どろぼう ジャム・パン かげのない町 / 紙芝居 しくしくブタはわらうかな / とびますよ / うまはかける

高畠 純さんのその他の作品

あるひ ありの アントニオくん / モンスター・ホテルで ハロウィン / なぞなぞはじまるよ 2 / きりん きりん / モンスター・ホテルでプレゼント / もうちょっと もうちょっと



子どもが喜ぶ「うんち」がいっぱい!世界20ヵ国以上で翻訳の絵本

ワニぼうのこいのぼり

みんなの声(59人)

絵本の評価(4.6

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット