新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
ぷんとくちゃんのぼうし

ぷんとくちゃんのぼうし

  • 絵本
作・絵: たしろ ちさと
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぷんとくちゃんのぼうし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年10月
ISBN: 9784752004554

24cm×19cm 32ページ

出版社からの紹介

ぷんとくちゃんは、散歩の途中で、お気に入りのりんご帽子をなくしてしまいます。森の動物たちが探してくれますが、帽子をみたことがありません。「頭にかぶるもの」ときいて、持ってきたのは、似ても似つかぬものばかり。ぷんとくちゃんのぼうしは、みつかるでしょうか。持ち物を大切にする心、動物たちとの温かいつながりを描く、ほのぼのしたお話。

ベストレビュー

お気に入りはコレ!

ぷんとくちゃんは色々な帽子を持っているけれど、
一番のお気に入りは「りんごぼうし」です。

だから、うさきちくんが「あそぼう」って誘いに来ても
かぶって行くのは「りんごぼうし」です。

岩をよじのぼり、小川を渡り・・・
ふと気がつくと・・・りんごぼうしがない!

それからはもう、泣き出してしまったぷんとくちゃんのために
うさきちくんが森の動物たちを呼んできて
ぷんとくちゃんの帽子を探すのを手伝ってもらうのです。

次男坊、ぷんとくちゃんの帽子がある場所で落ちたのですが、
それを「あ!落ちた」って気がついて
「ねぇ、落ちちゃったよ、大丈夫かな」って気にしてました。

動物たち、「ぼうし」がなんだか分らないので、
「あたまにかぶるもの」と聞いて色々持ってきてくれます。

この持ってきてくれるものがまたまた面白いので
次男坊、「ちがーう!」とまたまた大喜び。

ほんわかした、優しいお話ですが、
とっても楽しかったです。

7歳の兄ちゃんは・・・特にコメントなしでしたが
まぁまぁ面白かったみたいです。
(わにぼうさん 30代・ママ 男の子7歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


たしろ ちさとさんのその他の作品

図書館のふしぎな時間 / しろちゃんとはりちゃん なつのいちにち / どうぶつ どんどん / ミミとピギーのベネチアりょこう / はなびのひ / せかいいち まじめなレストラン


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > ぷんとくちゃんのぼうし

4月の新刊&オススメ絵本情報

ぷんとくちゃんのぼうし

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット