はじめての和食えほん 冬のごちそうつくろう はじめての和食えほん 冬のごちそうつくろう はじめての和食えほん 冬のごちそうつくろうの試し読みができます!
著: 柳原 尚之 絵: 近藤 圭恵  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
旬の食べものでおいしい和食!冬においしい10のごちそうのレシピを楽しいお話と一緒に紹介
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
フロプシーのこどもたち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

フロプシーのこどもたち

  • 絵本
作・絵: ビアトリクス・ポター
訳: いしい ももこ
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

※こちらは、2019年11月に装丁がリニューアルされた新版となります

作品情報

発行日: 2019年11月
ISBN: 9784834084825

読んであげるなら 4才から
自分で読むなら 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ベンジャミンは、大人になって、いとこのフロプシーと結婚し、たくさんの子どもに恵まれました。あるとき、ベンジャミンと子どもたちが、マグレガーさんのゴミ捨て場に行くと、れたすがたくさん捨ててありました。れたすをどっさり食べた子どもたちは、その場でぐっすり眠ってしまいますが、そこへやってきたのがマグレガーさん。子どもたちを袋の中へ入れてしまいます。その窮地を救ったのは、通りがかりの野ねずみでした。

ベストレビュー

小うさぎたち、負けるな!

ピーターラビットのお話シリーズの第3話。
このシリーズって、ピーターが主役を務めるのは第一話のみ。2話はいとこのベンジャミンだし、この3話はピーターの甥や姪たち。1話完結ですが、シリーズで読むとピーターの住む村の様子がわかってとてもおもしろいです。
この3話は、宿敵マグレガーさんに小うさぎたちが捕まってしまい、トマシナ・チュウチュウ(ねずみ)が助け出してくれるというもの。
1話から順に読んでくると、このマグレガーさんとうさぎたちの確執がよくわかります。うさぎたちにとって、マグレガーさんは憎き敵ですが、マグレガーさんの被害も相当なもの。現実には笑い事では済まないでしょうが、絵本ではとてもおもしろく読めました。
(モペットさん 20代・ママ 女の子5歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ビアトリクス・ポターさんのその他の作品

ずるいねこのおはなし / パイがふたつあったおはなし / セシリ・パセリのわらべうた / こぶたのロビンソンのおはなし / アプリイ・ダプリイのわらべうた / こぶたのピグリン・ブランドのおはなし

いしい ももこさんのその他の作品

ベンジャミン バニーのおはなし / ピーターラビットのおはなし / モペットちゃんのおはなし / こねこのトムのおはなし / ティギーおばさんのおはなし / あひるのジマイマのおはなし



優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

フロプシーのこどもたち

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット