クリスマスのかくれんぼ クリスマスのかくれんぼ
作・絵: いしかわ こうじ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
大人気!「これなあに?かたぬきえほん」のスペシャル版です。ツリーやトナカイなどクリスマスのいろいろがいっぱい登場します。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
岩波少年文庫 19 エーミールと三人のふたご
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

岩波少年文庫 19 エーミールと三人のふたご

  • 児童書
作: エーリヒ・ケストナー
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥720 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年07月18日
ISBN: 9784001140194

小学4,5年以上
小B6判・並製・カバー・298頁

出版社からの紹介

どろぼうを追跡という少年たちの大活躍から2年。エーミールはふたたびベルリンをたずね、仲間たちと再会する。が巻きこまれる今度の事件は? 「エーミールと探偵たち」の続編。

ベストレビュー

エーミールと探偵たちの続編

エーミールと探偵たちの続編にあたります。
こちら だけ読んでも大丈夫とケストナー さんも書いています。
教授がバルト海に面した古い海沿いの家を相続したので
エーミールに招待状が届きます。
海辺の家での友達との再会と楽しい夏の数日のお話です。
またもや、事件が起って、グスタフ以下探偵団が活躍します。
でも、この物語の中で、エーミールのこころを大きく占めているのは
最愛のお母さんとの関係です。
どうなるのかな?と最初から気にかかる部分ですが、おばあちゃんが
さすが年の功と言う素晴らしい助言をしてくれます。
やはり、合わせて読みたい2冊です。
ローウエストのドレスとかレトロな雰囲気の挿絵も素敵です。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エーリヒ・ケストナーさんのその他の作品

新訳飛ぶ教室 / 21世紀版少年少女世界文学館(15) 飛ぶ教室 / 岩波少年文庫 飛ぶ教室 / 岩波少年文庫 ふたりのロッテ(改訳) / 偕成社文庫 飛ぶ教室<新訳> / 岩波少年文庫 60 点子ちゃんとアントン



「観察が楽しくなる美しいイラスト自然図鑑」シリーズ 編集者インタビュー

岩波少年文庫 19 エーミールと三人のふたご

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット