話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
岩波少年文庫 86 ぼくがぼくであること

岩波少年文庫 86 ぼくがぼくであること

  • 児童書
作: 山中 恒
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥760 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2001年6月18日
ISBN: 9784001140866

小学5,6年以上
小B6判・並製・カバー・318頁

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

やかましい母親や優等生ぞろいの兄妹のなかで,秀一だけはダメな子だった.ひょんなことから家出をした秀一は,同い年の少女とおじいさんの住む農家で,ひと夏をすごす.次々とふしぎな事件にまきこまれていくなかで,秀一は,見せかけだけの家庭や社会の真の姿を感じとるようになっていく.少年の力強い成長を描く物語.

ベストレビュー

親として。

「ぼくがぼくであること」。
この題名にとても惹かれ共感を覚えました。
自分の人生においての主人公は自分しかいないのです。
親としても考えさせられる1冊にも感じました。
我が子を一人の個として認めているか、親のエゴで子育てしていないか、色々想いました。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山中 恒さんのその他の作品

(101−1)まま父ロック / 角川つばさ文庫 ママは12歳 / あばれはっちゃく ツーかい編 / 角川つばさ文庫 あばれはっちゃく -ワンぱく編- / 角川つばさ文庫 この船、地獄行き / 角川つばさ文庫 六年四組ズッコケ一家


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 日本文学、小説・物語 > 岩波少年文庫 86 ぼくがぼくであること

『かける』はらぺこめがねさんインタビュー

岩波少年文庫 86 ぼくがぼくであること

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット