新刊
かぞえるえほん おやすみわんちゃん

かぞえるえほん おやすみわんちゃん(偕成社)

みんなでいっしょに数えてかわいい、おやすみ前のわんちゃんの絵本。

  • かわいい
  • ためしよみ
新刊
だれかのプレゼント

だれかのプレゼント(文溪堂)

『100にんのサンタクロース』谷口智則さん待望の新作サンタ絵本

岩波少年文庫 98 ごんぎつね

岩波少年文庫 98 ごんぎつね

  • 児童書
作: 新美 南吉
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

税込価格: ¥792

クリスマス配送につきまして

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2002年04月
ISBN: 9784001140989

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

表題作を初め、心を打つ名作の数々を残してわずか30歳で世を去った新美南吉。ほかに「おじいさんのランプ」「花のき村の盗人たち」「いぼ」「てぶくろを買いに」など12編。〔解説・鳥越信〕

ベストレビュー

新美南吉の代表作

新美南吉のおはなしは子どもにストレートに届くと思いました。
人間の悪を包み隠さず描かれていて、世の中の本質を子どもたちは理解できると思いました。
「屁」というおはなしは、子どもが自分の狡さに自己嫌悪を感じながらも、人が生きていくには必要なことだと悟ります。
実際、きれいごとだけでは生きていけないのです。

「おじいさんのランプ」では新旧がテーマになってして、どんなにしがみついていたいことでも、
世の中の流れに逆らうわけには行かないんだと子どもたちにも分かりやすいです。

他にも善悪をはっきりと描かれたものがあります。
分かりやすいテーマなので、子どもたちにぜひ読んでもらいたいです。

表現の美しさも楽しんでもらいたいです。挿絵が無くても情景が浮かんでくると思います。
(おるがんさん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


新美 南吉さんのその他の作品

きつね / ごんぎつね / 巨男の話 / のら犬 / 新美南吉童話集 / 2ひきのかえる


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 日本文学、小説・物語 > 岩波少年文庫 98 ごんぎつね

Netflixで大人気!「ヒルダの冒険」シリーズ

岩波少年文庫 98 ごんぎつね

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット