しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
岩波少年文庫 157 ふたごの兄弟の物語 (下)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

岩波少年文庫 157 ふたごの兄弟の物語 (下)

  • 児童書
作: トンケ・ドラフト
訳: 西村 由美
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥760 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

ふたごのラウレンゾーとジャコモの冒険は続く。海を渡り、辿り着いた国で王さまになったり、伝説の指輪をめぐって裁判にかけられたり…。やがて、ふたりは青年となり、それぞれの道を見つけていく。

ベストレビュー

お話としての楽しさを堪能

異なる性格のふたごの兄弟の冒険のお話。上下巻あり長いお話ですが、章ごとに話が完結しているので長さも気にならなかったです。

時々、響きがおもしろい名前が出てきます。ディ・ディディディ領主もその一つで。

読み聞かせが終わって時間が経つのですが、息子は思い出したように「ディ・ディディディ領主」なんてことを言うことがあります。

一つひとつのお話には、元になったお話があるようでそれは章の最初に言葉と共に紹介されています。

元のお話と読み比べたら一層おもしろさが増しそうですが、このお話単体でも充分お話としての楽しさを堪能できました。

困難な状況に陥った時の兄弟の仲の良さと信頼感と知恵がよかったです。

どの章も先がどうなるんだろうと思うと目が離せず、一気に読み聞かせ終わったという感じでした。

上下巻揃えてまた読み返したいお話です。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


トンケ・ドラフトさんのその他の作品

岩波少年文庫 青い月の石 / 踊る光 / 岩波少年文庫 七つのわかれ道の秘密 下 / 岩波少年文庫 七つのわかれ道の秘密 上 / 岩波少年文庫 156 ふたごの兄弟の物語 (上) / 岩波少年文庫 白い盾の少年騎士 (下)

西村 由美さんのその他の作品

岩波少年文庫 かくれ家のアンネ・フランク / 犬とおばあさんのちえくらべ 動物たちの9つのお話 / 15の夏を抱きしめて / パン屋のこびととハリネズミ ふしぎな11のおとぎ話 / 岩波少年文庫 アーベルチェとふたりのラウラ / イップとヤネケ シンタクラースがやってくる!


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 外国文学小説 > 岩波少年文庫 157 ふたごの兄弟の物語 (下)

ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

岩波少年文庫 157 ふたごの兄弟の物語 (下)

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット