話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

岩波少年文庫 若い兵士のとき (改版)

岩波少年文庫 若い兵士のとき (改版)

  • 児童書
作: リヒター
訳: 上田 真而子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥680 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2005年07月
ISBN: 9784001145717

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

17歳で志願し入隊してから20歳で敗戦を迎えるまで、ナチ政権下のドイツで〈ぼく〉が実際に体験した戦争の生々しい姿。『あのころはフリードリヒがいた』『ぼくたちもそこにいた』に続く、3部作の完結編。

ベストレビュー

『あのころはフリードリヒがいた』の総集編

『あのころはフリードリヒがいた』の三作目です。
続編でフリードリヒと反対側にいた自分、積極的なヒトラー崇拝者であった僕が志願して戦争に出ます。
三作目にして、痛烈な戦争批判。
この作品を最後に、筆を折ったというリヒターの心からのうめきを感じます。
戦争に出た自分が目にしたのは、英雄としての兵士ではなく、戦争に翻弄される弱い人間だちでした。
三作目にして、ストーリー性は失われました。
本の中に羅列されるのが、志願して戦争に出た自分。
負傷して帰還できると思ったら、負傷兵のまま進級。
若い兵士でありながら、兵士たちを指揮する立場になっていきます。
本文を貫くのは、兵士としての自分のエピソード。
ストーリー性がなく、戦争の断片が生々しく戦争の地獄を訴え続けます。
脈絡があまりないから、かえって読者の心を刺すのです。
多分、これはリヒターの自分史でしょう。
そして、この作品を書き終えて、4作目はありません。
本当ならば、今の自分につながる作品を書いて欲しかったのですが、この作品で自分の過去をはきだしつくしたのでしょうか?
成長した自分を理解してもらうためには、三つの作品の中で一番伝えにくい作品かもしれません。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


上田 真而子さんのその他の作品

熊とにんげん / 福音館文庫 黒いお姫さま / ジム・ボタンと13人の海賊 / ジム・ボタンの機関車大旅行 / 岩波少年文庫 バンビ / 氷の上のボーツマン


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 外国文学小説 > 岩波少年文庫 若い兵士のとき (改版)

2月の新刊&オススメ絵本情報

岩波少年文庫 若い兵士のとき (改版)

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット