岩波少年文庫 白い盾の少年騎士 (上)

岩波少年文庫 白い盾の少年騎士 (上)

  • 児童書
作: トンケ・ドラフト
訳: 西村 由美
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥880 +税

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2006年11月
ISBN: 9784001145779

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

一人前の騎士となったティウリは、盾持ちピアックとともにふたたび冒険の旅へ。みどりの男たちがひそむ森では、エヴィラン国によって新たな陰謀が企まれていた……。『王への手紙』の、息づまる続編。

ベストレビュー

「王への手紙」の続編!新しい冒険への出発です。

たいてい前作が面白いと続編が前作を超えることはないのですが、このシリーズは引けを取らない面白さがあります。

この物語には地図がとても重要になります。
主人公ティウリやピアックは、未開の森のなかで身をひそめ逃げたり、隠れたりするので、この人たちは今どこにいるのだろう。どっちへ向いて移動しているんだと、確認せずにはいられなくなります。
むこうに山や高い塔がみえるとか、この川を渡らなければ北へ向かえないとか、小さな目印だけで自分のゆくべき方向を探り、森の秘密の真実を伝えるため、助けを呼びに行かなくてはならなくなったティウリやピアックとともに、読み手の私たちも、ひっそりとした森のなかに身をひそめ、固い土の上で寝ているような感覚や冷たい川の中を移動する気持ち悪さなど一緒に味わうことのできる凄い作品でした。

前作「王への手紙」ではウナーヴェン国王へ手紙を届けることのみを語ってくれた物語でしたが、本作では“何かあやしい動きがあるらしい”としかわかっていなかった森の秘密がティウリにかかわりを持ってきます。
国とは、自然とは、家族の在り方なども考えさせられます。
大きな物語でいて、身近なものでもあります。
ぜひたくさんの子どもたちに手にしてもらいたい作品です。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子23歳、女の子19歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ストーブのふゆやすみ
    ストーブのふゆやすみの試し読みができます!
    ストーブのふゆやすみ
    作:村上 しいこ 絵:長谷川 義史 出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    村上氏のテンポよい関西弁のお話を、長谷川氏のユーモア満載のイラストで描いた笑える一冊。

トンケ・ドラフトさんのその他の作品

岩波少年文庫 青い月の石 / 踊る光 / 岩波少年文庫 七つのわかれ道の秘密 下 / 岩波少年文庫 七つのわかれ道の秘密 上 / 岩波少年文庫 156 ふたごの兄弟の物語 (上) / 岩波少年文庫 157 ふたごの兄弟の物語 (下)

西村 由美さんのその他の作品

岩波少年文庫 かくれ家のアンネ・フランク / 犬とおばあさんのちえくらべ 動物たちの9つのお話 / 15の夏を抱きしめて / パン屋のこびととハリネズミ ふしぎな11のおとぎ話 / 岩波少年文庫 アーベルチェとふたりのラウラ / イップとヤネケ シンタクラースがやってくる!


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 外国文学小説 > 岩波少年文庫 白い盾の少年騎士 (上)

『あっぷっぷのぷ〜』 すずきまみさんインタビュー

岩波少年文庫 白い盾の少年騎士 (上)

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット