新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
ヴィンニ!(1) 日曜日島のパパ

ヴィンニ!(1) 日曜日島のパパ

  • 児童書
作: ペッテル・リードベック
絵: 杉田 比呂美
訳: 菱木 晃子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,760

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年06月
ISBN: 9784001156270

小学3・4年生から
A5判・上製・152頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

あたし,ヴィンニ.ふだんははなれて暮らすパパと,夏の間だけ「日曜日島」ですごすの.友だちのオッレと岩山から海に飛び込んだり,夏至のお祭りをしたり,それに,島にはおもしろくてやさしい人がいっぱい.──おしゃまな8歳の女の子とちょっと頼りないパパの夏休みを描いた,スウェーデン生まれのほのぼのストーリー.

ベストレビュー

日本とは違う空気なのだろうなあ

スウェーデンの島が舞台です。
夏休みの間、パパがいる島で暮らすヴィンニ。
性格の違いか、はたまた住みたい場所の違いかわかりませんが
パパとママは離婚して別々に暮らしています(ヴィンニは普段はママと一緒に街で暮らしています)。日本にだって、こんな風にお休みの
時だけパパなりママなりと過ごすちびっこだっているとは思うのですが、空気が違う気がして。すごくあっさりしているように思えました。パパの恋を受け入れているであろうヴィンニの様子も。
舞台が北欧だからなのかなあ、どうなのかなあ。作家にもよるのかもしれないなあ。ひとつひとつのお話が、短いので、子どもでも、気楽な気持ちで読めそうに思います。
(ぽこさんママさん 50代・ママ 女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ぼくのかえりみち
    ぼくのかえりみち
    作・絵:ひがし ちから 出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ある日の放課後、そら君は道にかかれた白線の上をたどって家に帰ることにしました。途中…

ペッテル・リードベックさんのその他の作品

ヴィンニ!(4) われらがヴィンニ / ヴィンニ!(3) イタリアへ行く / ヴィンニ!(2) ヴィンニとひみつの友だち / ヴィンニ 美装ケース入り4冊セット

杉田 比呂美さんのその他の作品

みちとなつ / エレベーターのふしぎなボタン / イチからつくる ワタの糸と布 / がんばるセイウチ / かまってシロイルカ / ゆうだちのまち

菱木 晃子さんのその他の作品

ロサリンドの庭 / 名探偵カッレ 危険な夏の島 / おじいちゃんとの最後の旅 / 名探偵カッレ 地主館の罠 / ライオンとタカとアリになった男の子 ノルウェーのむかしばなし / 名探偵カッレ 城跡の謎


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学小説 > ヴィンニ!(1) 日曜日島のパパ

4月の新刊&オススメ絵本情報

ヴィンニ!(1) 日曜日島のパパ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット