宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
THE THREE ROBBERS(洋書 すてきな3にんぐみ)ペーパーバック版
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

THE THREE ROBBERS(洋書 すてきな3にんぐみ)ペーパーバック版

  • 絵本
作・絵: トミー・アンゲラー
出版社: ATHENEUM

おはなし

黒いマントに黒いぼうしの、こわーい泥棒三人組のおはなし。
三人組は次々と馬車を襲い、奪った財宝をかくれがにため込みます。
ある夜、三人組が襲った馬車に乗っていたのは、みなしごのティファニーちゃんだけ。いじわるなおばさんに引き取られるならこの三人組の方がおもしろそう!とかくれがに行きます。宝の山を見てティファニーちゃんがいいます。「これ、どうするの?」
ここからおはなしは意外な方向へ。なんとも素敵なハッピーエンドが待っています。
(翻訳作品より転載)

みどころ

おはなしの前半部分は不気味さが強調されています。それだけに後半部分はわくわくして心が温まります。
おそろしい泥棒たちが孤児を救うという、風刺が効いた作品ですが、作者のアンゲラーが娘さんに捧げた作品だそうです。
(翻訳作品より転載)

>洋書:ペーパーバック版について
こちらはペーパバック版(ぺらぺらの表紙)なので、お求めやすい価格です。
しかもファンにはたまらない点がひとつあるのです・・・。
なんと1場面のイラストがまったく違うのです。これはお宝かも・・・。

ベストレビュー

個性的な絵で

年中の男の子に読みました。導入部分で三人それぞれが使う道具が紹介されるのですが、ここを面白く読むと子供もぐっと話の中に入っていく感じでした。何度も読んでとせがまれた本です。
(トッリッチさん 40代・パパ 男の子5歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


トミー・アンゲラーさんのその他の作品

あたらしいともだち / ビッグブック すてきな三にんぐみ / ミニ版 すてきな三にんぐみ / すてきな三にんぐみ



みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

THE THREE ROBBERS(洋書 すてきな3にんぐみ)ペーパーバック版

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット