話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
恐竜のなぞ

恐竜のなぞ

著: アリキ・ブランデンバーグ アリキ・ブランデンバーグ
訳: 神鳥統夫
出版社: リブリオ出版

税込価格: ¥1,650

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1999年09月
ISBN: 9784897847313

B5変型(18×23cm)判 32頁

出版社からの紹介

1676年に大きな骨の化石が見つかりました。しかし当時はそれが恐竜の骨の化石だと誰もわかりませんでした(巨人の骨だと思っていたらしい)。この時から恐竜のなぞへの探求の旅が始まりました。

ベストレビュー

分かりやすい恐竜入門

4歳の次男が恐竜が好きなのですが、知識はまだまだありません。私もこれまで興味を持ったことがないので、ほとんど何も知りません。

このシリーズは恐竜がどう生きたかというよりも、どのようにしてそれが分かるのか、研究されたのかが描かれています。1巻目の『恐竜のけんきゅう』では、発見された骨格から恐竜を分類する方法が描かれていました。

この巻では、どのようにして恐竜の化石が発見されたのか、科学者たちがどう解明したのか、時代はどう特定されるのかなどが描かれています。

私はこれまで、恐竜は数が多すぎて訳がわからないと思っていましたが、これを読んで、かなり大きなくくりで理解できるのだと知り、苦手意識が減りました。お勧めです。
(さみはさみさん 40代・ママ 男の子8歳、男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

アリキ・ブランデンバーグさんのその他の作品

みんななかよしけんかばし / 恐竜のけんきゅう ようこそ恐竜はくぶつかんへ 1 / 恐竜にあいにいこう / 川をはさんでおおさわぎ / おばあちゃんのたんじょうび

神鳥統夫さんのその他の作品

ポプラポケット文庫 オリエント急行殺人事件 / 火星 / 太陽 / 太陽系の惑星 / エジプトのミイラ / オオカミは歌う



3月の新刊&オススメ絵本情報

恐竜のなぞ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット