もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
ヘンゼルとグレーテル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ヘンゼルとグレーテル

  • 児童書
絵・訳: 佐々木 マキ
再話: ワンダ・ガアグ
出版社: 福音館書店

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ヘンゼルとグレーテル」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1993年
ISBN: 9784834011708

読んであげるなら・ 5・6才から
自分で読むなら・ 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

森におき去りにされたヘンゼルとグレーテルは、お菓子の家にたどりつきました。と、そこへおばあさんが出てきて――おなじみの昔話を、たくさんの新しいさし絵とともにお届けします。

ベストレビュー

子供向けのアレンジ版

この本はワンダ・ガアグの再話版。
子供向けにアレンジしたのか、わかりやすい構成になっています。
背景にある社会や話の中身に説明が加えられているので、聞く人間には親切だと感じます。
(小さい子にはあまり関係ないかもしれませんが)。
この兄弟はお父さんの連れ子、母親は継母だということもなんとなくわかります。
先に読んだスーザン・ジェファーズ、大庭みな子版と比べると、文章が軽快です。
兄妹も低年齢に設定されているように思います。

しかし、2度目に二人が森に迷った時、二人を魔女の家にいざなった鳥は味方だったのでしょうか?
二人に助けの手を差し伸べるのですが、最初は魔女の味方だったようにも思います。

二人が帰ったとき、継母は子どもたちを思い続ける父親に愛想をつかして、家から出て行っていました。
この展開の方が、あっけなく死んでしまっていたよりわかりやすい。

読み比べると楽しさも出てくる、佐々木マキさんの訳でした。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ワンダ・ガアグさんのその他の作品

ワンダ・ガアグ グリムのゆかいなおはなし / ABCうさぎ / グリムのむかしばなし2 / グリムのむかしばなし 1 / へんなどうつぶ / スニッピーとスナッピー

佐々木 マキさんのその他の作品

オオカミの時間 今そこにある不思議集 / 10にんのせんにん / 偕成社の新刊絵本セット 2020 / あやしい ぶたのたね / いないいないばあさん / グドーさんのおさんぽびより


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学、その他 > ヘンゼルとグレーテル

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<前編>

ヘンゼルとグレーテル

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット