宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
あいたい友だち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あいたい友だち

  • 絵本
作・絵: 小林 豊
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「あいたい友だち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年11月
ISBN: 9784333024087

小学校中学年から
22cm×24cm・32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

私たちが見上げる空は、世界中の国々とつながっている。私たちの反対側の国では、どのような暮らしをし、
何に喜びを感じているのか――。野を走り、海を越えて、遠い国から届いた声に、さあ、耳を傾けよう。
中東・アジアを中心に世界各国を訪れた日本画家・小林豊による、世界を知る、世界を考える絵本。

著者メッセージ:「こんにちは。元気ですか?」 声を出して、世界中の友だちによびかけてみよう。
        遠くはなれていても、同じ時間の風の中から、そこにいる友だちの声が、必ず聞こえてくるから。

編集者コメント:遠い国の友だちから、手紙が届いたような気持ちで、読み進めてください。
       この本が世界を、そして平和を考えるきっかけとなりますように。 (佼成出版社HPより)

ベストレビュー

世界の広さを感じてほしい。

「あいたい 友だち」というのは、“だれ”か特定の人ではなく、誰でもない誰かへ、世界のどこかでいつか合うかもしれない“だれか”のようです。

様々な国の「こんにちわ」とか、「よっ!」みたいな挨拶のかけ声で始まり、主な生活の様子を伝えてくれているので、
意外とページ数があります。
けれども、小林豊さんんの描く世界各地の国々の風景(海辺の町だったり、砂漠だったり)を1ページ1ページ楽しむことが出来ます。

最初の国は日本語の「こんにちわ」で始まっていますが、背景を見ると、あまり日本っぽく見えません。アジアのどこかの国、というイメージなのかもしれません。

描かれている国々は、どちらかというと自然にあふれ、都会都会した場所はありません。
戦争の爪痕とみられる壊れた家を建て直している家族(バルカン半島)や、ほぼ何もないところに学校を建てようとしている人々(アフガニスタン)。
モンゴルの高原からは、移動式テント「ゲル」の中から見える風景が見えます。

1ページ1ページ見応えがあります。
子どもたちに読み聞かせに使うなら、小学校高学年以上にお薦めします。
こういう本を通じて、世界の広さを感じてほしいなぁと思いました。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子23歳、女の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小林 豊さんのその他の作品

えほん 東京 / 絵本・名人伝 / チョプラン漂流記 お船がかえる日 / 長崎ものがたり お船が出る日 / リーかあさまのはなし / 白い街 あったかい雪



>絵本エイド ―こころにひかりを―

あいたい友だち

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット