宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
かかしのじいさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かかしのじいさん

作: 深山 さくら
絵: 黒井 健
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年12月
ISBN: 9784333024117

4歳から
25cm×22cm・32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

感動的な内容です。日本の情景を美しく描いています。味わいのある文章で、読み聞かせに最適。

かかしのじいさんの仕事は、すずめを追っ払うこと。なのに、すずめは、自由に空を飛び回り、じいさんは見上げるだけ。
すずめは、じいさんを慕ってやって来る。そして、じいさんも、いつしか、すずめを待つようになった。
ある日、お百姓さんが、すずめを捕えるために、かすみ網をかけようと言った。それを聞いたじいさんは……。
互いを思いやる気持ちが感動を呼ぶ絵本。

田んぼやすずめを見て育った作家と画家による味わい深い作品です。黒井氏は、米の花の開花時期を調べ、
田んぼに行って、スケッチをしたり、写真を撮ったりして描いています。
かかしの表情とすずめの可愛さに何度も読み返してしまう絵本です。(佼成出版HP「編集者から」より)

ベストレビュー

心の交流って

深山さくらさんのお話はいつもほんのりと心が温まる作品が多いですね
今回のお話も、かかしのじいさんとすずめの交流です

本当は敵対同士なのに、なぜかぬくもりを感じます
それはじいさんの麦わら帽子に咲いた花のように・・・

黒井さんが季節に合わせてスケッチに訪れたとも・・・
その思いも私たち読み手の心に伝わってくるようです

黄色い花の数は爺さんの愛情の大きさなんでしょうね
(風の秋桜さん 40代・その他の方 男の子、男の子)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はなびのひ
    はなびのひの試し読みができます!
    はなびのひ
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    江戸の町並みと大輪の花火が夏の風情を感じさせる、たしろちさと初の和風絵本

深山 さくらさんのその他の作品

紙芝居 いのちをまもるよこうつうせんたい! / 紙芝居 やくそくしようよとびだしきんし / みんなのいのちをまもる!交通安全紙芝居(全6巻) / こすずめとゆき / 大好き!おじさん文庫 / ピーターパンとウェンディ〜Peter and Wendy〜

黒井 健さんのその他の作品

まんまるねんね / ひとりぼっちのつる / ゆめのふね / 紙芝居 だっこ だっこ / みどりのはしご / あきいろのころわん



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

かかしのじいさん

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.78

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット