もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ひつじのロッテ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ひつじのロッテ

作: アヌ・ストーナー
絵: ヘンリケ・ウィルソン
訳: 大島 かおり
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ひつじのロッテ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年11月
ISBN: 9784893257475

32×22cm・32P

出版社からの紹介

子羊のロッテは、とても元気。木の上に登ったり、崖から飛び降りて谷川で泳いだり。
大人の羊たちはみんなあきれ顔。そんなある日、羊飼いのおじいさんが足をくじいて動けなくなりました。
谷間の村へ助けを呼びに行かなくてはなりません。でも谷間への道は危険がいっぱい。
ロッテは「あたしがいく」。ロッテは谷を渡り、岩山を越え、自転車がビュンビュン通り過ぎる道路を出て・・・。
ドイツの人気作家コンビが贈る小さい者たちへの応援メッセージ。

ベストレビュー

おてんばひつじちゃん

なんだか、うちの娘と似てるわ、ロッテ。
おてんばひつじのロッテは、とうていひつじとは
思えないとんでもないところに登っていたりしますが
(木の上とか崖の上とか)、我が娘もやりそうです
(というかやってる)。
娘ももう少し大きくなったら、ただおてんばなだけで
なく、ロッテのように勇気と行動力をもって、暮らして
いってくれるかな?そうだといいなあ。
訳者が「モモ」の大島さんなのですが、なぜか
少し読みにくかったです。訳のせいなのか文字の
フォントのせいなのか、はたまた原文がこうなのか
わからないのではありますが。
(ぽこさんママさん 40代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アヌ・ストーナーさんのその他の作品

ちいさなサンタまちにいく

大島 かおりさんのその他の作品

パパと怒り鬼ー話してごらん、だれかにー / 岩波少年文庫 127 モモ / ミヒャエル・エンデの本 愛蔵版 モモ / ヘンゼルとグレーテル / くまはおうじさま / てんごくの土ようび



幼児期から英語を始めたい方へ、ネイティブスピーカーによるCD付

ひつじのロッテ

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット