話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
むらいちばんのりょうしアイパナナ

むらいちばんのりょうしアイパナナ

作品情報

発行日: 1997年

ベストレビュー

みんなが助け合うこと

 厳しい自然のなかでのくらし、
氷にとざされた猟師のむらでのそれは
私にも娘にも想像すらつきません。
だからこそ、父母がいないアイパナナの、
とてつもなく澄んだ勇気を感じたものです。
ネズミのお母さんの、魔法?いや神の使い?それとも愛?
説明のつかないパワーで、たくましい身体能力を授けられた、
それだけではない何か、むらのみんなの愛?かもしれません。
 シロクマにはありがとうって、言ってました、娘が。
表紙に、おやこを見つけていたからでしょう。
高頭画伯の、爽やかなエスキモーカラーが素敵です。
ネズミかあさんの、胸飾りがお気に入りでした。
感謝
(もゆらさん 50代・その他の方 )

出版社おすすめ


V.グロツェルさんのその他の作品

ちいさなりょうしタギカーク

高頭祥八さんのその他の作品

自転車ものがたり / 海はもうひとつの宇宙

松谷 さやかさんのその他の作品

イワーシェチカと白い鳥 / 海と灯台の本 / うっかりもののまほうつかい / なにに なろうかな? / ことりのゆうびんやさん / イグアノドンとちいさなともだち


絵本ナビホーム > > むらいちばんのりょうしアイパナナ

2月の新刊&オススメ絵本情報

むらいちばんのりょうしアイパナナ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット