宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
この道はいつか来た道
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

この道はいつか来た道

詩: 北原 白秋
出版社: 童話屋

本体価格: ¥1,250 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「この道はいつか来た道」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年01月
ISBN: 9784887470880

B6

出版社からの紹介

「この道はいつか来た道」や「からたちの花」を知っている人はたくさんいますが、
ついつい歌を口ずさんでしまって詩の深い意味まで読む人はあまりいません。
しかし単に子どもの童謡だと片付けてしまうのはあまりにももったいない話です。

詩人の三好達治は「白秋では童謡が一番すぐれていると思う。
ただ歌われるだけでなく、文字で読んでも世界中にないくらいだ―――。」と評しています。

たしかに名曲になった童謡ですから、思わず歌ってしまいますが、歌わずに黙読したり
声に出して読んでみると、たちまち白秋の魔法にかかり、そうとは知らぬまに、
子どもの心に還って子どもと一緒に遊ぶ自分を見つけることができるでしょう。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


北原 白秋さんのその他の作品

ゆりかごのうた / まざあ・ぐうす / あたしのまざあ・ぐうす / かへろが鳴くからかぁへろ



『だれのパンツ?』シゲリカツヒコさん インタビュー!

この道はいつか来た道

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット