もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
みんななかよし りんらんろん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みんななかよし りんらんろん

作: マリー・コールマン
絵: フェオドール・ロジャンコフスキー
訳: みらい なな
出版社: 童話屋

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「みんななかよし りんらんろん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年10月
ISBN: 9784887470309

A4変型

出版社からの紹介

シガルーという元気のいい男の子が、山の牧場に向うと、
犬たちが大声でほえて、山の犬に知らせます。「シガルーが そっちへいくよ」
山のみんなはシガルーが大好き。シクラメンも大きな岩も、蜜蜂も、
森も牧場も氷の山も、みんなです。それは、シガルーがみんなを好きだからです。
きいちごの木はシガルーに甘い実をさしだします。帽子を忘れたシガルーに、
風が帽子をとどけます。毒蛇にかまれそうになると、石ころがシガルーを助けます。
そうして山の牧場に着いたシガルーを、鈴をつけた牛や山羊や羊がとりかこみます。
シガルーのうれしそうな顔。
山や川や森や空、それにたくさんの生きものたちは、みな人間と仲よしです。
人間の方で彼らを好きになれば、自然はそれ以上に人間を好いてくれるのです。

ベストレビュー

シガルー

シガルーという男の子が、山の牧場に行くと知ると山ではみんな大喜びでシガルーの行く先々で助けます。シガルーが森も牧場も氷の山も好きだからやっぱり相手からも好かれるんだと思いました。山の牧場では、意地悪なんか一つもなくて優しい気持ちばっかりだったことをシガルーは大きくなっても覚えていてくれると思いました。愛されて育った子はやっぱり優しい子になると心から思いました。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆうきをだして!
    ゆうきをだして!の試し読みができます!
    ゆうきをだして!
    作:くすのき しげのり 絵:いもと ようこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    入学入園シーズンにおすすめ!新しい環境に飛び込む勇気をもらえる絵本です。

みらい ななさんのその他の作品

おいっちにおいっちに / おおきいうさぎとちいさいうさぎ / くものがっこうえんそく / おとうさん / くものがっこう / なかなおり



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

みんななかよし りんらんろん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット