話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
おうい雲よゆうゆうと馬鹿にのんきさうぢやないか

おうい雲よゆうゆうと馬鹿にのんきさうぢやないか

詩: 山村 暮鳥
出版社: 童話屋

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,250 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年03月
ISBN: 9784887470903

B6

出版社からの紹介

山村暮鳥の有名な詩は「いちめんのなのはな」です。
「ポケット詩集」の3巻目に入っています。
「いちめんのなのはな」という詩句が24もくり返されることで、
まるで菜の花畑に佇んでいるような気持ちになります。

「おうい雲よ……」でも、このくり返しが多用され、五、六行の詩が「おなじく」というコトバで接続されて、
一人連詩を読んでいるような、回り灯籠の絵を見ているような気分になります。きっと山村暮鳥という詩人は
深い息を吐きながら、短い詩をぽつ、ぽつ、ぽつと口から吐きつづけたのでしょう。

「こども」という詩では

  山には躑躅が
   さいてゐるから
   おつこちるなら
   そこだらうと
   子どもがいつてる
   かみなり
   かみなり
   躑躅がいいぢやないか

と始まり、「おなじく」を何回もくり返し10回目に

  こどもが
   なき、なき
   かへつてきたよ
   どうしたのかときいたら
   風めに
   ころばされたんだつて
   おう、よしよし
   こんどとうちやんがとつつかまへて
   ひどい目にあはせてやるから

と結んでいます。

ここには子どもの感性だけがあります。
同時代に生きた詩人、北原白秋や三木露風の童心に影響を受けたのかもしれません。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山村 暮鳥さんのその他の作品

詩 こころをゆさぶる言葉たちよ。 / もんぐら、もんぐらいい季節になつたもんだな


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 日本文学詩歌 > おうい雲よゆうゆうと馬鹿にのんきさうぢやないか

サニーサイドブックス代表 絵本作家・あいはらひろゆきさんインタビュー

おうい雲よゆうゆうと馬鹿にのんきさうぢやないか

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット