話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

おばあちゃんの ちょうちょ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おばあちゃんの ちょうちょ

作: バーバラ・M・ヨース
絵: ジゼル・ポター
訳: 福本 由紀子
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年10月
ISBN: 9784776402015

10歳〜12歳
25×26cm  32頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

メキシコでは多くの人たちが、亡くなった人のたましいをちょうちょがはこんでくると信じています。不思議なちょうちょの生態を通じて、おばあちゃんとの強いつながりを感じていく少女の物語。メキシコ独特の風土や習慣のなかで、命の不思議を美しく描きます。

ベストレビュー

メキシコにも『お盆』って、あるんだ。

後書きを見ると、作者のバーバラさんの母方の田舎がメキシコなので、こういうお話を思いついたようです。

この絵本を読むと、メキシコならではの「死者のお祭り」を知ることができます。
これはちょうど日本でいうなら『お盆』みたいなもののようです。
こんなにも国同士が離れているのに、『お盆』のような風習があることに驚きました!
死者のために揃えるグッツはお国柄が出ていて、日本とは違うようでしたが…。

この物語ではおばあちゃんが亡くなったのが、ちょうどメキシコで有名な『オオカバマダラチョウ』の移動する時期だったのと、おばあちゃんがこのチョウが好きだったらしいので、こういうタイトルになったようです。
(原作のタイトルも公だったのでしょうか?)

最近、おじいちゃんやおばあちゃんとの交流を描いた絵本作品も、色々出てきました。
そして「死」「別れ」を作品を通じて表現されているものも増えたように思います。

お話としては非常にいいものが大半ですが、小学校などの読み聞かせはたいてい「朝の時間」が多いんですよ〜。
作品自体がどんなに優れていても、朝から「死」を取り扱った作品を取り上げるのは結構勇気がいります。
なので、私がこの本を子どもたちに紹介するとしたらたぶん《ブックトーク》の形でになると思います。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ただいマンモス
    ただいマンモス
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    ただいマンモス、おかえリンゴ!冴えわたる怒涛の連続ダジャレストーリー。ぜひとも声に出して読みなシャレ
  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…

ジゼル・ポターさんのその他の作品

町にながれるガブリエラのうた / ゆうかんなちびのお針子 / 私が学校に行かなかったあの年 / ほんとうのことを いってもいいの? / ケイトと豆のつる / うるわしのセモリナ・セモリナス

福本 由紀子さんのその他の作品

ゾウ / ホッキョクグマ / シロナガスクジラ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > おばあちゃんの ちょうちょ

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

おばあちゃんの ちょうちょ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット