貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
福を呼び込んでくれる!絵本『おふくさん』の複製画が、絵本ナビ限定で発売中♪
カロリーヌのだいサーカス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

カロリーヌのだいサーカス

  • 絵本
作・絵: ピエール・プロブスト
訳: 山下 明生
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年04月
ISBN: 9784892386718

5歳〜7歳
26×19cm  27頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

バダブン、ズンタ、ズンタッタ! カロリーヌサーカス団がやってきた!目もくらむ綱渡りや、らいおんの火の輪くぐりに、お客さんはハラハラドキドキ。ところが、いたずらこざるのサビが、サーカス団をぬけだしてしまい……。ピエロになったり、皿回しをしたり、らいおんの着ぐるみを着たりと、ひとり何役もこなすなかまたちに、思わず笑ってしまいます。

ベストレビュー

面白い絵本です!

小学校1年生の我が家の娘は「カロリーヌシリーズ絵本」をとても気に入っています。
「キャンプにいく」「うみへいく」から読んだのですが,今回は「だいサーカス」。
女の子がサーカス団になるとはなかなか現実的にはあまりないので,絵本の醍醐味とも言えますね!
とっても可愛らしい面白い絵本です。
我が家の娘,「カロリーヌの絵本がほしい!」というので1冊購入してみようかなと思っていますが,どれにしようか迷います(笑)。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ピエール・プロブストさんのその他の作品

カロリーヌ えいがを とる / カロリーヌは ベビーシッター / カロリーヌとネスこのゆうれい / カロリーヌとまほうのやさい / カロリーヌはめいコーチ / プフとノワロー ゆきやまへいく

山下 明生さんのその他の作品

ハリネズミ・チコ(3) フライパン号でナポレオンの島へ / だれのものでもない岩鼻の灯台  / ハリネズミ・チコ(2) 大きな船の旅 ジャカスカ号で地中海へ / ハリネズミ・チコ(1)大きな船の旅 ジャカスカ号で大西洋へ / おしえてベッカンあきのえんそく / ドングリさがして



ぷくっと、ふわっとしたドーナツ!作ってみよう

カロリーヌのだいサーカス

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット