もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
ごうた、1年生でしょっ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ごうた、1年生でしょっ

  • 絵本
作: すとう あさえ
絵: おおしま りえ
出版社: 文研出版

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年01月
ISBN: 9784580820838

幼児から小学校低学年向き
A4変型判(263ミリ×214ミリ)
32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

かなとごうたは幼なじみ。1年生になったのに、ごうたはいつもいたずらをして、かなを困らせます。かなは7歳の誕生会に
ごうたを呼ばないことにしました。誕生会のあと、友だちと野原で遊んでいると、ごうたがやってきて……。

初恋とはいえないけれど、お互いにだいじな存在。
1年生になって、ちょっと背伸びをする女の子と、おばあちゃんに教わった「草花遊び」が得意ないたずらっこの
ほほえましいお話です。草花遊びと、一年生になった高揚感が描かれていて、新学期に向けて最適の絵本です。

ベストレビュー

子供の心の成長

小学生になって、男の子、女の子の区別がちょっぴり出始めたと感じる頃。
女の子はやっぱり女の子として扱って欲しいのに、
男の子の方が幼くて、「友達」として接してくる。
そんな意識のずれに無意識に歯がゆさを感じている、
ちょっとおませな女の子の気持ちを描いたお話でした。
(hime59153さん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


すとう あさえさんのその他の作品

CD付き 子どもとたのしむ はじめての えいごえほん たべもののおはなし / まめまき できるかな / CD付き 子どもとたのしむ はじめての えいごえほん どうぶつのおはなし / おおきくなったの / だんごたべたい おつきさま / こいのぼりくんのさんぽ

おおしま りえさんのその他の作品

ポポおばさんとことりたち / まどのおてがみ / わたしのすきなおとうさん / あみものやさんピーヨのプレゼント



祝! 10周年記念! 「ばけたくん」シリーズ<br>岩田明子さんインタビュー

ごうた、1年生でしょっ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット