宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
いもとようこのことわざえほん いそがばまわれ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いもとようこのことわざえほん いそがばまわれ

  • 絵本
作・絵: いもと ようこ
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いもとようこのことわざえほん いそがばまわれ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年12月
ISBN: 9784323032849

幼児
28×22cm・24ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「たのしくわらって、ことわざがみにつく」
ことわざ、ことば、慣用句を、人気絵本作家のかわいい絵と、
いもと流の楽しい解釈でかんたんに覚えられます。あっという間に日本語達人に!

ベストレビュー

可愛いしオチもついてて最高

これは買って損なし!ことわざといっしょに、オチなんかもついてるので、大人の保存用にもおすすめです。絵も可愛いのでなごみます。出てくることわざは

いそがばまわれ
すきこそもののじょうずなれ
やなぎのしたのどじょう
くあればらくあり
にがしたさかなはおおきい
のどもとすぎればあつさをわすれる
おににかなぼう
ひとのふりみてわがふりなおせ
くちはわざわいのもと
みっかぼうず
うわさをすればかげ
やまいはきから

です。個人的には「鬼にかなぼう」でお母さんの挿絵とともに「こうなったら逃げたほうがいい」みたいなオチがついているのが笑えてよかったです。おすすめ!
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いもと ようこさんのその他の作品

もぐらのほったふかい井戸 / ねこの結婚式 / ごめんなさい! / だれも知らない時間 / ほたると ばらの花 / できるかな? かぞえてみよう 1・2・3



優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

いもとようこのことわざえほん いそがばまわれ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット