話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ぐるぐるうごく しましまぐるぐる

ぐるぐるうごく しましまぐるぐる(学研)

赤ちゃんはうごくものが好き!累計250万突破の大人気シリーズから待望の新刊登場!

  • かわいい
  • ギフト
ウルーカのひみつ

ウルーカのひみつ

  • 絵本
作: 村上 晋弘
絵: 村上 征生
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ウルーカのひみつ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2010年03月
ISBN: 9784265070312

A4変・32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ウルーカは、森で一番きれいな声で鳴くと評判のフクロウです。ですが、このごろはちっとも鳴かず、じっとしています。
さらに、ウルーカの木が日ごとふくらんでいくことを、森のみんなは不思議がっていました。じつは、ウルーカは、
リスが隠していたドングリをこっそり盗んで、木の中で秘密のシロップを作っていたのです。森の繊細でみずみずしい風景と、
動物たちの表情豊かな様子を表現した絵が、見る人の目をひきつけるファンタジック絵本。

ベストレビュー

春一番のひみつ

お話の最後にビックリしました。
春一番にこんなお話があったなんて。
それはフクロウのウルーカのひみつに由来していました。
ウルーカがリスのどんぐりをくすねて、木で作っていたのは、酒飲みの私からするとお酒にしか思えません。
そのお酒が、木の樽の中で甘い香りを放ち始めるとき、春が訪れるのですね。
ウルーカの作った「シロップ」で、森の仲間たちと宴会しているシーンが、とても素敵です。
裏表紙にも取り上げられていました。そういえば表紙の絵でウルーカはウィンクしてますね。
(ヒラP21さん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ひとは なくもの
    ひとは なくものの試し読みができます!
    ひとは なくもの
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    「泣く子はきらい」ってお母さんは言うけれど、一つ一つの涙にはちゃんと理由があるんだよ!心うたれる絵本
  • わたしたち
    わたしたち
     出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
    母と子の強い絆を描いたチリの絵本。いつか旅立ってゆく、あなたへおくるメッセージ

村上 征生さんのその他の作品

Santa Claus / パスタの日記



性被害から自分を守るための絵本『パンツのなかのまほう』なかがわさやこさんインタビュー

ウルーカのひみつ

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット