話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

季節
メリー メリー クリスマス!

メリー メリー クリスマス!(くもん出版)

おはなしに参加できる! クリスマス絵本。

  • びっくり
  • かわいい
  • 全ページ
  • ためしよみ
読む力は生きる力

読む力は生きる力

作・絵: 脇 明子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,870

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2005年01月
ISBN: 9784000023986

出版社からの紹介

子どもが本を読むことの大切さは誰もが口にするが、それはなぜなのか、心底から納得できる答えを得るのは案外難しい。このテーマに真正面から取り組み、著者がたどりついた成果を、やわらかい語り口で説く。

ベストレビュー

本の読み方をもう一度再確認

「物語が生きる力を育てる」から先に読みました。

今までの息子への本の読み方をもう一度再確認する良い機会を得たような気がします。

息子と本を読むときに、子どもうけする本を選んでいた時期もありました。自分自身も子どもの頃から本を読んできて、本が持つ力、言葉の力というものは日々感じることがあります。

今も息子には読み聞かせをしていますが、時流に流されないしっかりした本を読んでいきたいという思いが強まりました。

自分の子どもには良質な本を選ぶことができますが、その他の子どもたちへはどう本を伝えていけるのかと思うことがあります。

今の私にできることは、学校の学級文庫へできるだけ良質な本を寄贈すること、子どもに本を選ばれる親御さんたちに本の楽しさを伝えていくことかなあと思います。

昔から読み継がれてきた良質な本がなくなることがないように、図書館にも働きかけていけたらいいなあと思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

脇 明子さんのその他の作品

金の鍵 / かるいお姫さま / 岩波少年文庫 かじ屋と妖精たち イギリスの昔話 / ねこのオーランドー / 岩波少年文庫 北風のうしろの国(上) / 岩波少年文庫 北風のうしろの国(下)



装丁も新たにボードブックとして登場した、レオ・レオーニの名作『あおくんときいろちゃん ボードブック』

読む力は生きる力

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット