話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
ゆかいな農場

ゆかいな農場

作: マルセル・エーメ
絵: さとうあや
訳: さくま ゆみこ
出版社: 福音館書店

税込価格: ¥1,760

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ゆかいな農場」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2010年03月
ISBN: 9784834008296

小学中学年から
21×16cm・256頁

出版社からの紹介

言葉を話す動物たちと幼い姉妹がくり広げる、おかしなおかしな毎日! 『おにごっこ物語』『牧場物語』などの
タイトルで幾度か日本に紹介されてきたマルセル・エーメの名作。17編から選りすぐった7編が、ていねいで
歯切れのよい新訳とフレッシュな挿絵による“21世紀版”としてお目見えします。訳者・さくまゆみこさんは、
「いまの日本の子どもたちに面白いと思ってもらえるように」と心をくだいて読みやすい訳文を実現。
挿絵のさとうあやさんは現地取材を敢行、ユーモアあふれる筆づかいにフランスの風を吹きわたらせました。 
親子そろって楽しめる、読みごたえ十分の1冊です。小学中学年向け読み物「ものがたりの遊歩道」翻訳第2作目です。

ベストレビュー

農場のなかまたち

デルフィーヌとマリネットの姉妹と動物たちとの交流のお話です。
ユーモアもあってよかったです。
動物たちが話します。
私は「クジャク式ダイエット」のお話が好きです。おんどり、ガチョウ、ブタが誰が一番美しいかと言い合っているところにクジャクが現れて…。
もともとはセンダックが挿絵を描いていた作品のようですが、そちらの絵も気になりました。こちらの挿絵もかわいくてよかったですが。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マルセル・エーメさんのその他の作品

エーメショートセレクション 壁抜け男

さとう あやさんのその他の作品

こぶたのプーちゃん / はるかちゃんが、手をあげた / 紙芝居 はたらきもののめんどり / ケイゾウさんの春・夏・秋・冬 / ノホホンむらのねこたち / ぴりかちゃんのブーツ

さくま ゆみこさんのその他の作品

スティーブン・ホーキング / 彼の名はウォルター / オノモロンボンガ / 宇宙への扉をあけよう ホーキング博士の宇宙ノンフィクション / わたしは夢を見つづける / 子どもの本で平和をつくる イェラ・レップマンの目ざしたこと



編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

ゆかいな農場

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット