宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
おはなし名画シリーズ(13) 平山郁夫と玄奘三蔵
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おはなし名画シリーズ(13) 平山郁夫と玄奘三蔵

  • 絵本
監修: 平山 郁夫
出版社: 博雅堂出版

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥3,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2002年02月
ISBN: 9784938595234

B4変型判 68ページ
作品点数 38点

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


書店員さんにインタビューしました!

出版社からの紹介

絵を描くことは 想像のつばさをひろげることだ。
画家は 好きなように想像のつばさをはばたかせる自由をあたえられている。(平山郁夫)

その日も、広島の空はどこまでも青く晴れわたり、暑い夏の一日がはじまろうとしていました。
郁夫たちは、陸軍の兵器置き場で作業をはじめようと、きがえをしていました。
午前八時をすこしすぎたところでした。とつぜん、目もくらむような強い光につつまれ、
どうじにガーンというものすごい音がひびきました。・・・郁夫が15歳のときでした。


さらにカイバル峠をこえると、そこはもうインドでした。
玄奘はようやく、ブッダがお歩きになった大地にたったのです。
ゆく先ざきにブッダの歩まれたあとが、聖地となってのこっていました。
そのひとつに、龍王の岩窟がありました。昔、ブッダがここで龍をとりおさえ、
いまも岩壁にそのお姿があらわれる、といいます。
闇のなかで、玄奘はいっしんに祈りました。くりかえし、くりかえし祈りました。
すると、とつぜんまっ暗な壁にまるい光があらわれ、やがて、それがブッダのお姿になったのです。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。



大自然の中に遊びにいこう!米国で人気のシリーズ第四弾

おはなし名画シリーズ(13) 平山郁夫と玄奘三蔵

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット