話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
玉井 海幸彦と山幸彦
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

玉井 海幸彦と山幸彦

作: 片山 清司
絵: 白石皓大
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年04月
ISBN: 9784776401872

10歳〜大人


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

はるか昔の兄弟の神様、海幸彦と山幸彦。なくしたつり針をめぐる争いの末、山幸彦は海の中の竜宮へと向かいます。神話に題材を得た、能「玉井」の物語。

ベストレビュー

古代の海の中にいるような不思議な雰囲気

「古事記」にある海幸彦・山幸彦の話を題材にした能「玉井」(たまのい)。弟の山幸彦は、兄の海幸彦にお互いの道具を交換してみたいと申し入れ、つり道具を借りるが大事な釣り針をなくしてしまう。謝っても兄の怒りは解けず、弟は海の神様たちの助を借りてどうにか釣り針を探し出し返却するが…

画家の作り出す古代の海の中の、不思議な雰囲気がいつまでも印象に残る作品。昔の中国風の上品な衣装や、水中カメラで撮影した海の底を連想させる独特の世界観が、神話の世界へといざなってくれる。
 兄弟間の争いの話だが、生々しさはなく、現実離れした妙な雰囲気で、見たこともない神話の世界はこんな風なのかと納得してしまう説得力があった。
 能の舞台も見たいが、このお話を見て、日本の神話の世界を訪ねてみたくなった。絵にかかれると、画家の個性や考えによっていろいろに表現されるが、この絵本ではずいぶんと「水」の不思議な力、海底の未知なる世界が強烈に心に残った。
 画家の力量のすばらしさを改めて感じた。上品で、示唆に富んだ興味深い絵本。どちらかというと大人向きの一冊だと思う。
(渡辺諦さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


片山 清司さんのその他の作品

一角仙人 / 道成寺 / 舎利 韋駄天と足疾鬼 / 天鼓 天からふってきた鼓 / 隅田川 愛しいわが子をさがして / 海女の珠とり


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > 玉井 海幸彦と山幸彦

似ているのはいや?自分やお友達の良いところを見つけよう

玉井 海幸彦と山幸彦

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット