新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

イギリスのごはん

イギリスのごはん

作: 銀城康子
絵: 萩原亜紀子
出版社: 農山漁村文化協会(農文協)

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年10月
ISBN: 9784540091773

ベストレビュー

まずい、という評判は本当か?

ロンドンの西、ブリストル近郊の会社員夫婦と2人の子どもたちの家庭をモデルに、イギリスの庶民の日常の食事、四季の暮らしや行事に関する食文化、地域別の違いなどを紹介する絵本。巻末にレシピと解説付き。

世界的に評判の悪い(らしい)イギリス料理。
見た目は非常に魅力的だが、味のほうはどうなのか…林望氏の随筆で、煮過ぎてくたくたになった野菜、ごっとごとのだっまだまの粉っぽいホワイトソースなどの「現地での実体験」を読み、やはりまずいのだと思っていた。が、同書にはその辺にふんだんに成っているりんご、なみなみと提供される紅茶と軽食(軽食の域を超えていて、余裕で持ち帰り用までつくボリューム)、実は美味しい家庭料理なども紹介されていた。
本当は美味しいらしい。
この絵本では、育ち盛りの子どもがいる家庭での毎日の食事。代わり映えしないメニュー、厳しいマナー、太りそうな献立…あまり私にとっては魅力的ではない印象。朝食が毎日シリアルなんて!

お茶に関しては、羨ましい。何度もお茶の休憩があり、楽しそうだ。ベッドの中で早朝にお茶を飲む習慣などは、ちょっと素敵だけど、実際に私がやったら布団を汚しそうだ。いろんな歴史がある国だけに、食文化も非常に個性的で面白い。
一度行って住んでみたい。
(渡辺諦さん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話

銀城康子さんのその他の作品

エチオピアのごはん / 絵本 世界に食事(24) ハンガリーのごはん / ポリネシアのごはん / 日本のごはん / 絵本 世界に食事(21) ブルガリアのごはん / ポルトガルのごはん

萩原亜紀子さんのその他の作品

絵本 世界の食事 第12巻 フィンランドのごはん / ブラジルのごはん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 家事 > イギリスのごはん

2月の新刊&オススメ絵本情報

イギリスのごはん

みんなの声(4人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット