まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
あしなが
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あしなが

  • 絵本
作・絵: あきやま ただし
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年09月
ISBN: 9784061322387

出版社からの紹介

「いやなやつ」が「ともだち」にかわった日。
無責任なうわさに乗せられて、真実を見失いがちなわたしたちに、この犬たちは何かを教えてくれる。
すらりとした美しい犬、あしながは、のら犬たちからきらわれていました。
「でっかい家にすんで、すごいごちそうたべてるんだって。」
「子犬や子ねこをたべちゃうんだって。」
かっこいいけど、さいていのやつ──。のら犬のケンは、みんなのうわさ話を信じて、あしながのことをそう決めつけていました。ところがある日、あしながのほんとうの姿を知ったケン。そのとき、ケンの心の中で何かがかわりはじめたのです。

ベストレビュー

心がぎゅっとなる

あしながは野良たちが言うには「悪いやつ」「ひどいやつ」。
その部分を読んだときは、子どもたちも「うわー」
「ひどーい」と一緒になってあしながを悪者にしていました。
でも、あしながの本当の姿、つぶやきを知ったとき、
心がぎゅっとなったようでした。
「あ、ぼく、まちがえちゃった・・・」とつぶやく子どももいました。

みんなが言っているからそれが正しい。
よく知らないけど、そうらしいよ。

こういった偏見は、大人にたくさんあると思います。
ぜひ、1年に1度くらい読み続けていきたい一冊です。

(クラムボンさん 20代・せんせい )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あきやま ただしさんのその他の作品

Go to Sleep はやくねてよ / Mr. Sheep’s Bread ひつじぱん / へんしんたんてい / へんしんテスト / たまごにいちゃんと たまごねえちゃん / へんしんおてんき



子どもが喜ぶ「うんち」がいっぱい!世界20ヵ国以上で翻訳の絵本

あしなが

みんなの声(53人)

絵本の評価(4.91

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット