もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
あしなが
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あしなが

作・絵: あきやま ただし
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年09月
ISBN: 9784061322387

出版社からの紹介

「いやなやつ」が「ともだち」にかわった日。
無責任なうわさに乗せられて、真実を見失いがちなわたしたちに、この犬たちは何かを教えてくれる。
すらりとした美しい犬、あしながは、のら犬たちからきらわれていました。
「でっかい家にすんで、すごいごちそうたべてるんだって。」
「子犬や子ねこをたべちゃうんだって。」
かっこいいけど、さいていのやつ──。のら犬のケンは、みんなのうわさ話を信じて、あしながのことをそう決めつけていました。ところがある日、あしながのほんとうの姿を知ったケン。そのとき、ケンの心の中で何かがかわりはじめたのです。

ベストレビュー

大人も一緒に 

4才クラスで読みましたが、やっぱり難しかったかな?と思います。
野良犬の間であれこれ、噂されていた「あしなが」その噂はどんどんエスカレートして…。
なんだか人間の世界ではよくある話。相手のことをよく知らないのに、見た目で判断したり、噂を信じたり…。
まだまだ、人間関係は体当たりな子ども達には、難しかったと思います。でもきっと数年後、小学生になったら向き合わなくてはならない問題だと思います。
ケンのように「それ、だれか、みたのかい?」といえる勇気、噂を否定できる勇気を持ってほしいと思います。
子どもだけでなく、是非、大人が読んでほしいと思いました。
(ぽー嬢さん 30代・せんせい 男の子6歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はなびのひ
    はなびのひの試し読みができます!
    はなびのひ
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    待ちに待った花火大会に、町じゅうがワクワクする様子が面白い! 一緒に花火を楽しみませんか?

あきやま ただしさんのその他の作品

へんしんたんてい / へんしんテスト / たまごにいちゃんと たまごねえちゃん / へんしんおてんき / たまおくんはたまごにいちゃん / へんしんマーケット



細田守監督&tupera tuperaさん対談インタビュー

あしなが

みんなの声(51人)

絵本の評価(4.9

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット