新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

大きなおなべのレストラン

大きなおなべのレストラン

作: 竹下 文子
絵: 秋里 信子
出版社: 国土社 国土社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「大きなおなべのレストラン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2003年01月
ISBN: 9784337034013

小学校低学年〜中学年
B5変型判61ページ

出版社からの紹介

いなかの古い大きな家にすむうさぎのおばあちゃん。こどもたちも大きくなり町へでていき、大きなおなべがのこりました。そこで…。

ベストレビュー

温かくてほのぼのとしたお話

読み始めた時に、息子が「ほら、くまが出てきて、けがしてて 冬眠しててさ、あれに似てるよね」と言いましたが、「あれ」とは「どんぐまさんのふゆごもり」というお話だったようです。

雪のふる日にうさぎばあちゃんのところにやってきたたぬきの家族を見て息子はそう思ったようでした。

恥ずかしいのですが、絵をよく見ていなかったせいもあって、うさぎばあちゃんだけ、人間のおばあさんだと思っていました。

人間のおばあさんなのに、動物向けのレストランってどういうことだろう?と、疑問に思いながら読んでいたんですよね。

よく見ると、おばあちゃんの耳、うさぎの耳でした。でも顔だけはとても人間っぽいのでわからなかったです。

一人暮らしになっても家族が多かった時代のことや、また何か使えるかもしれないと思って大きなおなべが捨てられないという気持ちは共感できました。

温かくてほのぼのとしたお話だと思います。低学年の一人読みにもちょうどよさそうです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


竹下 文子さんのその他の作品

トリケラトプスのなんでもないいちにち / ティラノサウルスのはらぺこないちにち / 大型読みきかせ絵本 せんろはつづく まだつづく(全1巻) / まじょのむすめワンナ・ビー / 『黒ねこサンゴロウ』うみねこ島の船乗りの冒険 / なんでもモッテルさん

秋里 信子さんのその他の作品

わたし 小学生まじょ / ふしぎなやまびこしゃしんかん / まじょねこピピ ほんとうの ごしゅじんさま!? / かばた医院のひみつ / まじょねこピピ ゆめのまじょねこ学校 / まじょねこピピ まじょねこ見習いしゅぎょう中!


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学総記 > 大きなおなべのレストラン

サニーサイドブックス代表 絵本作家・あいはらひろゆきさんインタビュー

大きなおなべのレストラン

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット