虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
たろうのおでかけ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たろうのおでかけ

  • 絵本
作: 村山 桂子
絵: 堀内 誠一
出版社: 福音館書店

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「たろうのおでかけ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1966年07月
ISBN: 9784834000634

読んであげるなら・3才から
自分で読むなら・小学中学年から
関連
「たろうのひっこし」
「たろうのともだち」

2〜3歳 編集部おすすめ

出版社からの紹介

たろうは、なかよしのまみちゃんの誕生日に、すみれの花とアイスクリームをもって、動物たちといっしょに出かけました。みんなはうれしくって、とっとこかけだしますが、町の中ではおじさんたちに「けがをするから、だめ! 」といわれて、なかなか先を急げません。でも、原っぱにきたら、もう思いっきり……。交通ルールを教えながらも、元気いっぱいの絵本です。

たろうのおでかけ

ベストレビュー

娘にとっての「おでかけ」は

「にちようび」「たんじょうび」「おでかけ」
これだけで、娘はわくわく。
そこへ、「もりのなか」(マリー・ホール・エッツ )のように、
動物たちが行列を作って、たろうのあとからついてくるのですから、娘はもう大興奮!
「いぬのちろーと、ねこのみーやと、あひるのがあこと、にわとりのこっこもいっしょです。」というところは、必ず娘が先に読みます。

車社会のアメリカでは、たろうのようなおでかけは、あまり経験できませんが、最後の2ページで、たろうが幼稚園の裏のはらっぱまで来て、視界がぱっと開ける場面・・・一面の緑がまぶしく、たろうもちろーたちも、とっとこ、とっとこ駆け出す瞬間、娘の表情も太陽に照らされたように明るくなり、これが娘にとっての「おでかけ」の風景なんだな、と気づきます。
家から5メートルも歩くと、芝の緑が広がっていて、毎朝公園まで一直線に駆けていく娘。帰りは、のんびりと花を摘んだり、虫を観察したり、ねこや鳥を追い掛け回したり・・・。誰も「だめ、だめ、だめ」と言う大人はいません。
このような環境の中で子育てが出来る有り難さを実感すると同時に、「たろうのおでかけ」や「はじめてのおつかい」のような日常の冒険もさせてあげたいな、と思う欲張りな親心も顔を出します。
(ガーリャさん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


村山 桂子さんのその他の作品

きょうだいぎつねの コンとキン / ひつじのむくむく / はねーるのたんじょうび / たろうのばけつ / ひまわりえんのけんたくん / もりのはみがき−むしばの日−

堀内 誠一さんのその他の作品

めのはなし / ぼくの絵本美術館 / 新装版 はんぶんのおんどり / おにまるのヘリコプター <復刊傑作幼児絵本シリーズ 13> / ほんとうのおにごっこ / へんな どうぶつえん



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

たろうのおでかけ
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット